ドキュメンタリー

ボヘミアンラプソディ(映画)の歌は口パク?あらすじやキャストと劇中歌やネタバレ感想も

伝説のバンド・クイーンの
フレディ・マーキュリーの映画
『ボヘミアン・ラプソディについて、
ネタバレや感想・評価をご紹介します。

また、あらすじや予告映像と
出演キャストや歌は口パク疑惑
についてもご紹介します。

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...

「ボヘミアンラプソディ」のあらすじ・概要

魂に響くラスト21分―、その感動に涙が止まらない。

伝説のバンド〈クイーン〉。

常識を打ち破り世界を変えたフレディの生き様とメンバーの熱い絆を、28の名曲と共に贈る感動の物語。

クイーンといえば、数多くの名曲を
残した世界的4人組のロックバンドです。

『We Will Rock You』は
日本のサッカー応援曲だったり

『I Was Born To Love You』
はキムタク主演のアイスホッケーの
ドラマ「PRIDE」の主題歌でもありましたね。

この映画は、クイーンのボーカルの
フレディ・マーキュリーに焦点を当てた
映画で、バンドの結成から、1985年に
行われたチャリティーコンサート
「ライヴエイド」までが描かれた作品です。

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...

「ボヘミアンラプソディ」のキャスト・スタッフ

フレディ・マーキュリー:ラミ・マレック
メアリー・オースティン:ルーシー・ボイントン
ブライアン・メイ:グウィリム・リー
ロジャー・テイラー:ベン・ハーディ
ジョン・ディーコン:ジョゼフ・マゼロ
ジョン・リード:エイダン・ギレン
ジム・ビーチ:トム・ホランダー
ポール・プレンター:アレン・リーチ
レイ・フォスター:マイク・マイヤーズ
ジム・ハットン:アーロン・マカスカー
ボブ・ゲルドフ:ダーモット・マーフィ
ラリー・マレン・ジュニア:マシュー・ヒューストン
シェリー・スターン:ミシェル・ダンカン
トラック運転手:アダム・ランバート

主演のラミ・マレックは、
両親がエジプト人で、
『ナイト ミュージアム』などに
出演した俳優さんです。

監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マクカーテン
原案:アンソニー・マクカーテン
原案:ピーター・モーガン
製作:グレアム・キング
製作:ジム・ビーチ
製作:ロバート・デ・ニーロ
製作:ピーター・オーベルト
製作:ブライアン・メイ
製作:ロジャー・テイラー

監督のブライアン・シンガーは、
『X-MENシリーズ』や
『スーパーマンリターンズ』で監督を
務めた方です。

ドキュメンタリー系の映画より
SFのような映画作品を
担当してきたことが
多いのかもしれませんね。

 
 
 
 

 

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...

「ボヘミアンラプソディ」の予告映像・劇中歌

今回映画の中で流れた曲は
何かというとこのようになっているようです。

サウンドトラックとして発売されるようですよ。

・20th Century Fox Fanfare
・Somebody To Love
・Doing All Right (…Revisited)
・Keep Yourself Alive (Live At The Rainbow)
・Killer Queen
・Fat Bottomed Girls (Live In Paris)
・Bohemian Rhapsody
・Now I’m Here (Live At The Hammersmith Odeon)
・Crazy Little Thing Called Love
・Love Of My Life (Live At Rock In Rio)
・We Will Rock You (Movie Mix)
・Another One Bites The Dust
・I Want To Break Free
・Under Pressure
・Who Wants To Live Forever
・Bohemian Rhapsody (Live Aid)
・Radio Ga Ga (Live Aid)
・Ay-Oh (Live Aid)
・Hammer To Fall (Live Aid)
・We Are The Champions (Live Aid)
・Don’t Stop Me Now (…Revisited)
・The Show Must Go On

「ボヘミアンラプソディ」の歌は口パク?

このような音楽の映画では、
俳優が歌うのかどうかが
よく注目されますよね。

そして今回は主人公の
フレディ・マーキュリーは
亡くなっているので、
その歌を直接聴けることはできません。

そこでフレディ役のラミ・マレックは
歌ったかというと、実際の音源を
当てているということでした。

つまり口パクだったということですよね。

これはしょうがないことですが
本物の音楽が流れたことのほうが
視聴者にとっては嬉しいことだと思います。

 
 
 
 

 

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...

「ボヘミアンラプソディ」のネタバレストーリー

とある一人の男性から始まるストーリー。
彼の名はフレディ・マーキュリー。

現在でも人気のあるバンドグループ、
クイーンのボーカルである。

彼の生い立ちの話であると同時に、
クイーンが世界へと進出していった
ストーリーを映画化したものである。

彼は最初は違うバンドに所属していたが、
ある日現クイーンのメンバーたちの
バンドを見て感動、メンバーに入ろうとする。

ちょうどその時にそのバンドグループの
ボーカルが脱退し、
バンドを解散しようとしていた。

しかし、そこにフレディ・マーキュリーが
加わり、クイーンとして活動を始める。

フレディ・マーキュリーの家族は
皆バンド活動をすることに反対し、
特にお父さんを中心として
応援していなかった。

そのお父さんとは仲が悪く、
フレディ・マーキュリーという名も
父親からもらったものではなく、
改名した芸名なのである。

クイーンは地方から有名になっていき
大舞台へのチャンスをものにし、
国内だけではなく、
海外にまでも進出していった。

自分たちのやりたいことを優先し、
音楽界に革命を起こしたのである。

有名なレコーディング会社に
契約していたが、意見が合わず脱退。

自らの手でチャンスを
つかみ取っていったのである。

そんなフレディ・マーキュリーには
一人の愛人がいた。

彼女はクイーンが売れる前から
交際をしており、
フレディ・マーキュリーの
ことを支えてきた。

そんな彼女と籍を入れるが、
しばらくしてフレディ・マーキュリーは
自分がゲイだということに気づく。

そこで、真実を彼女に伝え、
彼女とは友達として別々の道を歩む。

彼女には男の別の相手ができ、
フレディ・マーキュリーは
数々の男性と関係を気づいてきた。

そんな中、そのうちの一人の
男性の恋人に騙され、
クイーンのメンバーを捨て、
独立し、一人で莫大なお金を
稼ぐという道に誘導される。

しかし、幼いころから家族に
見放されてきたフレディ・マーキュリーに
とってはクイーンのメンバーは
家族そのものだった。

彼らの重要さを再認識し、
だました恋人とは絶交、
クイーンとしての新たなる
一歩を踏み出した。

そのイベントが
チャリティーコンサートであった。

そのコンサートに無償で参加することを
家族に伝えたとき、はじめて父親を
はじめとする家族に認められた。

しかし、その時すでに
フレディ・マーキュリーは
エイズに感染していた。

寿命もそんなに長くない。

このコンサートが
彼の最後の舞台である。

メンバーもそれを確信し、
最後の舞台へと向かう。

そこで披露したのが、
数々の名曲と、
ボヘミアンラプソディー
という曲なのである。

 
 
 
 

 

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...

「ボヘミアンラプソディ」の感想評価

ペン丸
ペン丸
5段階評価:★★★★★

役者が歌うのではなく、実際の音源を当てて作っているところが胸熱でした。キャスティングも本人達に近しい顔つきの人物を持ってきており、音楽指導にQUEENの2人が携わっているところも熱がこもっているように感じました。

QUEENというバンドも楽曲も知っていますが、彼らがどのような道のりを歩んできていたのかは知りませんでした。それを音楽に合わせて物語を進めていくところは分かりやすかったです。洋画が苦手な私でもしっかりと見入ってしまいました。

何よりも最後のライブエイドの再現はすごかったです。動画サイトで実際のライブエイドを見ましたが、何もかもが一緒でびっくりしました。フレディの動きが全て完コピで、腕の上げ下げや足の開き具合なども細かいところまでフレディそのものでした。映画を撮るとなってからフレディの動き等を細かく指導していたとテレビでやっていたので、役者さんもものすごい努力をしたんだと思います。

エンディングでは普通1曲だけしか使わないのですが、作中で流れなかったドントストップミーナウをライブ映像と共に流してくれて、そこにも感動しました。細かいところまで本当に力を入れている様子が伝わりました。DVDを絶対に買おうと思います。

ポメりん
ポメりん
5段階評価:★★★★★

どこにでもいるある一人のバンドマンからスタートした大成功の人生の話。最初はクイーンの存在はあまりよく知らず、興味もなかった。そんな中、映画を観に行ったのだが、観ているうちに、クイーンの世界観にはまってしまった。

まるで自分が体験しているかのようなリアルな世界観で、すべてが成功体験だが、そんな彼らも失敗することはあった。音楽界に全くない新しいものを作ろうとしていて、それが彼らのやりたいことであった。自分らのやりたいことのためなら、有名どころのレコーディング会社の契約も切る。そんなチャレンジ精神に勇気をすごくもらった。

安定した生活は保障できないのに、好きなことをとことん追求している姿にはとても感動した。クイーンの存在など全然知らず、興味すらあまりなかったのに、映画を観始めたらまるであたかも自分が以前からクイーンを知っていて、ファンだったかのように思われた。

初めて観る人でも熱中してみてしまうくらい、わかりやすく、また独特な世界観を持った、今までにないタイプの映画であったと思う。一度観たら満足するような映画ではなく、あらすじをすべて知ったうえで、もう一度、もう二度観たいを心から思うような映画であった。とても感動する良い作品だった。

くじまろ
くじまろ
5段階評価:★★★★★

この映画を見て以来、クイーンの大ファンになり、毎日CDを聞き、ミュージックビデオもユーチューブで見ています。フレディがピアノで曲を作るシーンがとてもかっこいいです。

特に、ベッドのすぐそばにピアノを置き(頭上の方だったと思います)、メアリーオースティンと二人でベッドの上でくつろいでいるときに、ひらめいてさらっとピアノをいじり始めるシーンが好きです。また、ライブエイドでの客席とのやり取り(コールアンドレスポンス)は圧巻です。

自分がHIVに感染していると分かっても、やけになったりせず、ひたむきに仕事(歌うこと)に向き合う姿に感動しました。クイーンの曲はどの曲も素晴らしく、聞きほれてしまうのですが、エンドロールで流れた、「Don’tStopMeNow」、そのあとに続く「ShowMustGoOn」は、息をするのを忘れてしまいそうになるぐらい真剣に聞き入ってしまいました。

フレディを演じたラミ・マレックとメアリーを演じたルーシー・ボイントンが実生活でも恋人同士と聞き、嬉しくなってしまいました。クイーンのメンバーを演じた俳優さん達が、本物のクイーンのメンバーとそっくりすぎたのにも驚きました。

ボヘミアンラプソディ(映画)のフル動画を無料視聴!DVDレンタルdailymothionやpandora以外の動画配信サービスで見る方法!「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画を 無料視聴する方法をご紹介します! さらにキャストやスタッフ、 予告映像なども まとめ...
あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。