国内映画

エンジェルサイン(映画)の原作ネタバレ結末やあらすじ!キャスト監督や主題歌予告動画も

映像と音楽のみで表現されていくサイレント映画「エンジェルサイン」が2019年11月15日より公開されます!

「サイレント・マンガ・オーディション」という大会の中で世界108ヵ国6888作品から選出されたという5作品を原作とする世界観が詰まったオムニバス映画です。

そんな「エンジェルサイン」についてまとめていきたいと思います!


「エンジェルサイン」のあらすじ・作品概要・公開日

映画「エンジェルサイン」は漫画家の北条司さんが総監督を務め実現した2019年11月15日公開予定のオムニバス映画です。

「サイレント・マンガ・オーディション」という大会の過去14回の開催の中で応募されたという世界108ヵ国6888作品から5作品を選び、原作としたもの。

セリフがなく、映像と音楽のみで進んでいくサイレント映画だそうです!

そんな「エンジェルサイン」のあらすじは以下の通りです。

チェリストのアイカとピアニストのタカヤ。

音楽家で恋人同士の二人は、「いつか音楽で世界を感動させたい・・・」という同じ夢を追いかけていた。

アルバイトをしながら、曲作りに苦悩するタカヤを見守るアイカ。

そんな苦労の末、「エンジェルサイン」という曲を作り上げたタカヤだったが、心臓発作で帰らぬ人となってしまう。

タカヤの亡き後、「エンジェルサイン」はアイカの演奏によって世界中で愛される曲となっていく。

そして、その曲が世界で様々な奇跡を起こす。

引用:エンジェルサイン公式サイト

あらすじについてまとめたところで、続いてキャストについてもまとめていきましょう。


「エンジェルサイン」の俳優女優キャスト

<プロローグ&エピローグ>
●アイカ:松下奈緒
●タカヤ:ディーン・フジオカ

<別れと始まり>
●夫:緒形直人
●妻:菊池桃子

<空へ>
●娘:プレオパン・パンイム
●父親:ピポップ・カモンケットソーポン
●母親:ブンイン・インルアン

<30分30秒>
●夫:ゴー・クアン・トゥアン
●妻:スアン・ヴァン

<父の贈り物>
●父親:佐藤二朗
●娘:坂井彩香
●娘:ニーンナラ・ブンビティパイシット
●メカトロウィーゴ(ロボット)

<故郷へ>
●父親:トゥク・リフヌ・ウィカナ
●娘:アビゲイル
●娘:吉田美佳子

松下奈緒さんや佐藤二朗さん、ディーンフジオカさん、菊池桃子さんなど名女優・名俳優の方々が作品に参加されていますね!

それではキャストについても見ていきたいと思います。


「エンジェルサイン」の監督・脚本・スタッフ

●総監督:北条司
●監督:ノンスィー・ニミブット
●監督:カミラ・アンディニ
●監督:ハム・トラン
●監督:落合賢
●監督:旭正嗣

「エンジェルサイン」はたくさんの監督が制作に携わっていらっしゃいます。

中でも総監督を務めたのは「キャッツアイ」や「シティーハンター」などの漫画家北条司さんが担当されています!

続いてロケ地についても見ていきたいと思います。


「エンジェルサイン」のロケ地撮影場所は?

「エンジェルサイン」のロケ地を調べたところ、オムニバス映画の中の「別れとはじまり」に関しては熊本県の南阿蘇にて撮影が敢行されたとの情報がありました!

他作品に関しても映画公開に伴いロケ地が判明する場合もあるかもしれませんね。

続いて原作などについてもまとめていきたいと思います。


「エンジェルサイン」の原作やネタバレラスト結末は?

https://twitter.com/youxsay/status/1193486624866234368

●別れと始まり:ヴィンセント・ランゲ
●空へ:プレマ・ジャー
●30分30秒:スニッピーMJ
●父の贈り物:イチロウ
●故郷へ:ヴン・デイン・ラン

以上が「エンジェルサイン」内の作品の原作者になります。

「サイレント・マンガ・オーディション」にて選ばれた方々の作品ということですね。

ネタバレに関しては作品を実際に鑑賞しなければわかりません。

続いて主題歌や予告動画も触れていきたいと思います。


「エンジェルサイン」主題歌・予告動画

「エンジェルサイン」の予告動画はこちらになります!

サイレント映画という点もあるからか不思議な世界観を感じました。

なお、「エンジェルサイン」の主題歌については情報ありませんでしたので不明です。

まとめ

今回は映画「エンジェルサイン」についてまとめていきました!

漫画家の北条司さんが総監督を務められ、松下奈緒さんや佐藤二朗さん、ディーンフジオカさん、菊池桃子さんなどが出演されている本作。

前編サイレントのオムニバス映画となりますのでその点もご注目ください。

映画「エンジェルサイン」は2019年11月15日公開です!

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。