海外映画

ベルカントとらわれのアリア(映画)の原作ネタバレ結末やあらすじ!キャスト監督や主題歌予告動画も

渡辺謙さんや加瀬亮さんなどが出演されている話題作ベルカントとらわれのアリアが、遂に日本でも公開されることとなり注目されています!

著名界からも絶賛の声が多く届いていることから鑑賞を心待ちにする声も少なくありません。

そんな「ベルカントとらわれのアリア」についてあらすじやキャストなど気になる点をまとめていきたいと思います。

「ベルカントとらわれのアリア」のあらすじ・作品概要・公開日

「ベルカントとらわれのアリア」はアメリカで2018年9月14日に公開された作品で、日本では2019年11月15日より公開予定となっています。

日本人からも渡辺謙さんや加瀬亮さんがキャストに名を連ねており大変注目を集めています。

そんな「ベルカントとらわれのアリア」のあらすじはこちらです!

南米某国の副大統領邸でパーティーが開かれ、現地の名士や各国の大使など多くの招待客が訪れる。

その中には日本人実業家のホソカワもいた。

さらにそこには、彼が愛してやまないソプラノ歌手のロクサーヌ・コスの姿もあった。

宴もたけなわになり、ロクサーヌのコンサートが始まろうとしたその時、突然テロリストたちがなだれ込み、副大統領邸を占拠、彼らは人質にされてしまう。

一味の目的は収監中の同志の解放だった。だが、政府との交渉は平行線が続き、事態は長期化の様相を見せる。

そんな中、ロクサーヌの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられなかったテロリストたちと、教養にあふれた人質たちの間に親子や師弟のような交流が生まれ始める。

引用:ベルカントとらわれのアリアあらすじ

あらすじもチェックしたところで、続いてキャストについてもまとめていきましょう。


「ベルカントとらわれのアリア」の俳優女優キャスト

https://twitter.com/bluebirdlove10/status/1193816368707059712

「ベルカントとらわれのアリア」キャストは以下の通りとかります!

●ロクサーヌ・コス:ジュリアン・ムーア
●歌の吹き替え:ルネ・フレミング
●ホソカワ:渡辺謙
●ゲン:加瀬亮
●セバスチャン・コッホ
●エルザ・ジルベルスタイン
●クリストファー・ランバート
●オレク・クルパ

ヒロインの美しい歌声で魅了していくロクサーヌを演じたのは「アリスのままで」「マップ・トゥ・ザ・スターズ」などにご出演のジュリアン・ムーアさん

重ねてロクサーヌの歌の吹き替えを務めたのはアメリカのソプラノ歌手ルネ・フレミングさんです。

また、日本人からは言わずと知れた名優渡辺謙さんと加瀬亮さんが出演されています!

そして監督については次の段落で紹介していきます。


「ベルカントとらわれのアリア」の監督・脚本・スタッフ

●監督:ポール・ワイツ
●脚本:ポール・ワイツ
●脚本:アンソニー・ワイントラーブ

「アドミッション -親たちの入学試験-」「ダレン・シャン」などでメガホンをとられたポール・ワイツさんが「ベルカントとらわれのアリア」の監督を担当されます!

脚本


に関してはポール・ワイツさんに加えてアンソニー・ワイントラーブさんがともに製作されています。

続いてロケ地についてもまとめていきましょう。


「ベルカントとらわれのアリア」のロケ地撮影場所は?

「ベルカントとらわれのアリア」のロケ地に関しては公式発表されておりません。

映画を実際にみると撮影の場所がどこであったのか分かる方もいらっしゃるかもしれませんね。

続いてネタバレや原作などについても触れていきたいと思います!


「ベルカントとらわれのアリア」の原作やネタバレラスト結末は?

「ベルカントとらわれのアリア」は、アン・パチェットさんの小説「ベル・カント」を映画化したものだそうです。

小説を読んだ方からも結末のネタバレに関しては触れられていなかったため分かりませんが、辛い結末だったと話す方もいらっしゃいました。

「ベルカントとらわれのアリア」を観ようと考えている方は先に予習して原作との違いを楽しむのも良し、映画を見終わってから復習として原作小説を読むのも良しですね!

それでは最後に主題歌や予告動画もチェックしていきましょう。


「ベルカントとらわれのアリア」主題歌・予告動画

こちらが「ベルカントとらわれのアリア」の予告動画になります。

人質とテロリストが心を通わせていく展開から目が離せず、結末がどのように描かれていくのか予想がつきません。

また、「ベルカントとらわれのアリア」の主題歌に関しては情報がありませんでした。


まとめ

今回は映画「ベルカントとらわれのアリア」についてまとめていきました!

ジュリアン・ムーアさん渡辺謙さん、加瀬亮さんなどが出演される本作はアン・パチェットさんによる小説「ベル・カント」を原作として描かれています。

小説を読まれた方からは「良い作品だった」「様々な読者からの意見が聞きたい」など様々な声があがっていましたので、実写映画に関してもどのような描写がされているか注目です。

映画「ベルカントとらわれのアリア」は2019年11月15日日本公開です

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。