コメディ

羊とオオカミの恋と殺人(映画)の原作ネタバレ結末やあらすじ!キャスト監督や主題歌予告動画も

映画「羊とオオカミの恋と殺人」は今注目を集めている若手俳優の杉野遥亮さんと福原遥さんが主演を務めています。

漫画アプリである「マンガボックス」では1000万以上のダウンロードをされているヒット作品の実写映画化です。

そんな人気作品の原作ネタバレを含むあらすじやキャスト・監督についてなどいろいろとまとめてみましたので、気になる方は読んでみてください。

「羊とオオカミの恋と殺人」のあらすじ・作品概要・公開日

大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、 壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。

その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。

穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで・・・。

その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。

しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。

目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。

殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに!アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。

しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

引用:映画『羊とオオカミの恋と殺人』公式サイト

「羊とオオカミの恋と殺人」は2019年11月29日に公開される映画で、ホラーでもあり、ラブストーリーでもありコメディ要素もありとあらゆるジャンルの入ったストーリーです。

「返り血あびてない?」などの気遣いも見せてくれる宮市さんに、殺されるかもしれないと思いながらも可愛らしさに負けてしまう黒須くんというなんとも奇妙な恋愛関係が描かれています。

不器用すぎる2人が様々な感情と共に過ごす日々の先にあるものは、希望なのか終焉なのか先の読めない楽しみがあります。

「羊とオオカミの恋と殺人」の俳優女優キャスト

<キャスト>
黒須越郎:杉野遥亮
宮市莉央:福原遥
川崎春子:江野沢愛美
延命寺玲奈:江口のりこ

引きこもりであり人生に終わりを告げようとしていた黒須越郎役は杉野遥亮さんです。

この映画が自身初の主演映画になります。

最近のものではドラマ「スカム」「俺の話は長い」や映画「春待つ僕ら」などの作品に出演しています。

可憐な女の子かと思いきやレインコートを被りカッターナイフで次々殺人を行う宮市莉央を演じるのは福原遥さんです。

ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」「コーヒー&バニラ」「映画 賭ケグルイ」などの作品に出演しています。

キャストはほかに笠松将さんや清水尚弥さん、一ノ瀬ワタルさんなども出演されるそうです。

「羊とオオカミの恋と殺人」の監督・脚本・スタッフ

<スタッフ>
原作:裸村「穴殺人」
監督:朝倉加葉子
脚本:髙橋泉
音楽:渡邊崇
製作:岡本東郎
製作:花田康隆

監督スラッシャー・ホラー映画を多く手掛けている朝倉加葉子さんです。

映画「クソすばらしいこの世界」「ドクムシ」などのホラー作品やドキュメンタリー映画「RADWIMPSのHESONOO Documentary Film」などで監督を務めています

脚本髙橋泉さんで映画「トリガール!」「秘密 THE TOP SECRET」「坂道のアポロン」などの脚本を手掛けています。

「羊とオオカミの恋と殺人」のロケ地撮影場所は?

公園で洗い物をしている黒須やコンビニシーン、2人の住んでいるアパートなども映った写真は公開されていますが、残念ながらロケ地について今のところ公表されていないようです。

2018年5月5日にエキストラに参加されていた方がいたようで、ちょうどこの撮影時期にあたる2018年5月1日~19日に関東近郊でエキストラ募集もあったこちらに参加されていたのではないでしょうか。

「羊とオオカミの恋と殺人」の原作やネタバレラスト結末は?

原作は裸村さん「穴殺人」というタイトルの全8巻で構成される漫画です。

生と死の価値についての持論を基に殺人を犯す宮市さんと恋人になった黒須くんですが、宮市さんが記憶をなくしたりいろいろなことが起こります。

最後の2人はお互いが愛を誓って切り合うというなんとも切なさの残る結論になります。

しかしラストに2人の赤ちゃんの存在が明らかになるという光があるような悲しみのあるような人によって解釈が異なるのではと思われる展開が待ちうけていました。

これは原作のラストになりますので、映画ではどのようなエンディングを迎えるのか気になりますね。

「羊とオオカミの恋と殺人」主題歌・予告動画

自殺願望のある黒須くんとどこでも殺人鬼に変貌する宮市さんという対比の関係同士が隣人という設定の物語です。

最後にどんな理由があっても人を殺したらダメと宮市さんが言うこの予告シーンで、それを壁越しに見つめる黒須くんの表情がなんとも印象的です。

主題歌は11月1日配信リリースされているロイ-RöE-さん「癒えないキスをして*」です。

このサウンドプロデュースを行っているのはゲスの極み乙女。のちゃんMARIさんで、サビの不安定なメロディラインがこの映画にぴったりとはまったものに仕上がっています。

ロイ-RöE-さんの歌のタイトルには「*」が付いていて不思議に思いますが、これには曲中でこのタイトルの注釈をしているよ、という意味があるそうです。

まとめ

映画「羊とオオカミの恋と殺人」は、PG12ということで流血や殺人シーンも盛り込まれていますので、ラブコメディーですがそういったシーンがある事を念頭に置いて見ることをお勧めします。

朝倉加葉子監督らしく、いかに美しい殺し方をするのかというのに力を入れているそうですのでそういった場面にも映像美が追及されているようです。

微笑ましい場面もホラー場面も黒須のようにまるっと包み込んでいきたい、そんな映画ではないでしょうか。

あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。