サスペンス/ミステリー

七つの会議(映画)のネタバレと感想評価は?あらすじや予告映像と出演キャストやロケ地も

2019年2月1日に公開された
野村萬斎さん主演の映画
『七つの会議』について、
ネタバレや感想・評価をご紹介します。

また、あらすじや予告映像と
出演キャストやロケ地
についてもご紹介します。

「七つの会議」のあらすじ・概要

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。

トップセールスマンである課長の坂戸(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。

絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。

ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。 北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。

そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任する。 会社の“顔”である一課で、成績を上げられずに場違いすら感じる原島。

誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。

だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

『七つの会議』は池井戸潤さんの
小説で、2013年にも東山紀之さん主演で
ドラマ化されている作品です。

物語の内容は
中堅電機メーカーの不祥事に
巻き込まれた社員たちを
描いた群像劇です。

「パワハラ」という今日本でも
大きく取り上げられている
問題を中心に社内の闇が
見えてくるような物語のようです。

 
 
 
 

 

「七つの会議」のロケ地

現在わかっているロケ地は
このようになっていました。

・埼玉県行田市
・栃木県宇都宮市
・埼玉県深谷市
・神奈川県綾瀬市
・ギャラリー喫茶なよたけ(神奈川県厚木市)
・プラス株式会社「前橋工場」

「七つの会議」のキャスト・スタッフ

八角民夫:野村萬斎
北川誠:香川照之
原島万二:及川光博
坂戸宣彦:片岡愛之助
三沢逸郎:音尾琢真
新田雄介 :藤森慎吾
浜本優衣:朝倉あき
佐野健一郎:岡田浩暉
田部:木下ほうか
淑子:吉田羊
三沢奈々子:土屋太鳳
奈倉翔平:小泉孝太郎
星野:溝端淳平
飯山高実:春風亭昇太
江木恒彦 :立川談春
加茂田久司:勝村政信
村西京助:世良公則
梨田元就:鹿賀丈史
宮野和広:橋爪功
徳山郁夫:北大路欣也

個人的には、藤森慎吾さんが、
映画に出演するのは珍しいので、
見どころですよ。

原作:池井戸潤『七つの会議』
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎、李正美
音楽:服部隆之

監督の福澤克雄さんが、
「半沢直樹」「下町ロケット」
「陸王」「ブラックペアン」などなど
大きなドラマなどを担当した
監督さんです。

調べるとなんとあの福沢諭吉の
血縁者なんだとか。

「七つの会議」の予告映像・主題歌



主題歌:ボブ・ディラン
「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」

主題歌はボブ・ディラン
ということですが、
映画の内容からすると、
思った以上に優しい感じの
音楽ですよね。

そういうシーンも
あるということなのでしょう。

 
 
 
 

 

「七つの会議」のネタバレストーリー

東京健電という中堅企業に
「やる気のないダメ社員」と
レッテルを貼られた男、
八角民夫がいた。

彼は営業1課の係長をしているが、
定時に帰り忙しくとも有給を申請し、
課長の坂戸を怒らせていた。

そんな坂戸が八角に対して
パワハラ発言をする。

すると「上等だ、訴えてやる」
と応戦する八角。

これがきっかけで会社の中の
ボロがどんどん顕になっていく。

そして次から次へと
不審な異動命令が出る。

経理の新田は社内販売のドーナツの
無銭飲食がばれたという理由、
カスタマー室長の佐野も
異動命令と言えるほどの理由
ではないが異動になった。

あまりにもおかしいことに疑問を
抱いた営業1課新課長の原島と
社員の浜本はこっそりと社内の
データを閲覧してこの不可解な
人事異動の謎を解いていく。

しかし、その動きが八角に見つかる。

八角は「知らなくていいこともあるんだ」
と諭すが、納得のいかない2人は
八角から話を聞く。

実は2年前に当社の下請けの
ネジ工場が変更になったのだが、
それを坂戸の異動と同時に
もとのネジ工場に戻した。

これは新しいネジ工場のネジの
耐久数値に問題があったためだった。

だが、今でも多くの鉄道や航空機に
坂戸が取引したネジが使われている。

その真実を暴くための
不審な異動だったというのだ。

東京健電の社長はこの事実を
知った上で隠蔽を決める。

商品は闇回収するということで
動き始めるが、その動きが
親会社のゼノックスに伝わる。

御前会議に出席した幹部だが、
そこに重要参考人として八角と
異動した坂戸が呼ばれる。

全てを正直に話した2人だが、
結論は隠蔽。

あまりにも非道な
結論に八角は怒り狂う。

その様子を見た同期の北川は
部長室に落ちていたネジを見つけ、
八角にこれを証拠に
報道陣に訴えろと託す。

これで東京健電とゼノックスは
責任問題になり、東京健電は
ほぼ解体となった。

ただし、営業1課だけは残っており、
八角と原島はそこで
再スタートを切るのだった。

 
 
 
 

 

「七つの会議」の感想評価

ペン丸
ペン丸
5段階評価:★★★★★

池井戸潤の作品ということで、キャストのほとんどが半沢直樹や下町ロケットの出演者で「今回はこの役なのか」とわくわくすることが多かったです。

難しい話は苦手なのですが、池井戸潤の作品は分かりやすく、どんでん返しが多いのでどんどん見入ってしまいました。

御前会議で全て決着が着くかと思いきや、ゼノックス社長の「この会議に議事録はないし、公表するなんて一言も言っていないぞ」の一言で全てパーになった瞬間に唖然としました。

でも一筋縄でいかないのが池井戸潤作品なので、そこからどうなるのか展開が気になって仕方なかったです。

七つの会議というタイトルの意味が分からず調べたのですが、八角を中心に話に関わる主要人物が7人いるため、その7人とどう向き合っていくかという意味と、会社がダメになる7つの定義というものがあり、それを掛け合わせたということらしいです。そう考えるとものすごくしっくりくるので余韻にも浸れました。

主演に野村萬斎さんを選んだのもいいと思います。八角は飄々としていてのらりくらりやっているように見せていますが、芯が通っていて会社の製品を利用している顧客を大切に思う真っ直ぐな人です。それを上手く演じ分けられるのは野村萬斎さんで適任だったと思います。

ポメりん
ポメりん
5段階評価:★★★★★

昨年来、現実におこなった製品・素材の強度不足、データ偽装更には隠蔽。とにかくサラリーマンとして、会社のために自分や家族を犠牲にしてまで時間を削ってまでモノを売り込んだ。時には客を騙すこともあり、自殺にまで追い込んだ例もある。

しかしその売ったものが強度不足やデータ偽装だったものだと知り、「いったい、今までやってきたことは何だったのだろう」というのはこの映画のストーリーの中だけでなく、モーレツサラリーマン世代と言われた年代の人ならだれでも感じたことだろう。ここまで、消費者に対して安全性を考えず売り上げ・利益重視で来たことが、ここにきて大きな社会問題ともなっている。

映画の最後の場面で、主人公の八角は国土交通省の役人に発していた言葉は印象的だった。「これからもデータ偽装はなくならないだろう。しかし我々は真実を追求していかなくてはならない。」今の世の中、都合の悪いことはみんな隠そうとしている。

いや、隠すどころか都合のいいように話をすり替えようとしている。こんなことがまかり通ってしまうと、やがては我々の生活に欠かせない衣食住においてとりかえしのつかないことが起こるのではないか。そうなる前にこれからは現実を見極めて仕事や生活をしていかなければならないのではと思った。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。