ドキュメンタリー

永遠の門ゴッホの見た未来(映画)のネタバレラスト結末とあらすじ!キャストや上映館も

「永遠の門ゴッホの見た未来」がもうすぐ公開という事で、どんな作品なのか調べてみました!

気になる監督やキャスト、どんな内容になっているのか。また、予告映像も公開されているので載せてみました!

「永遠の門ゴッホの見た未来」のあらすじ・概要・公開日

画家としてパリでは全く評価されていないフィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)。彼は、会ったばかりのゴーギャン(オスカー・アイザック)の「南へ行け」というひと言で、南フランスのアルルへやって来る。「まだ見ぬ絵を描くために、新しい光を見つけたい」というゴッホの願いは、この地で春を迎えた時に叶えられた。

行きつけのカフェのオーナーであるジヌー夫人(エマニュエル・セニエ)に頼んで、“黄色い家”を紹介してもらったゴッホは、ゴーギャンの到来を待ちわびる。広大な畑をひたすら歩き、丘に登って太陽に近づき、画材を取り出すゴッホ。竹の枝で作ったペンの先から、たちまちゴッホだけの線が生まれていく。どこまでも続く風景に絶対的な美を見出したゴッホは、「永遠が見えるのは僕だけなんだろうか」と自身の胸に問いかける。風になびく麦の穂や沈みゆく太陽を見つめるゴッホの瞳は、不思議な輝きを放っていた。

ある時、地元の人々とトラブルになったゴッホは、強制的に病院へ入れられる。駆け付けてくれた弟のテオ(ルパート・フレンド)にも、初めて特別なものが見えることを打ち明けるのだった。

やがて一緒に暮らし始めたゴッホとゴーギャンは、“絵を描く”ことについて際限なく議論を交わす。自然を見て描くゴッホと、自分の頭の中に見えるものを描くゴーギャン。一瞬で真実を捉えようと素早く描くゴッホ、ゆっくりと降りてくるのを待つゴーギャン。屋外に美を探し求めるゴッホ、内面に深く潜るゴーギャン、すべては正反対だ。それでもゴッホは、「僕らの時代だ」と熱く語るゴーギャンに心酔し、ますます創作にのめり込むが、やがてゴーギャンが去って行くことは止められなかった。

再び一人になり絶望したゴッホをこの世に繋ぎとめたのは、描き続ける情熱だけだった。相変わらず1枚の絵も売れない日々の中、ゴッホは神父にそっと語る。「未来の人々のために、神は私を画家にした――」もはや彼の眼差しに不安の影はなかった。晴れ晴れと穏やかなその瞳が最期に映したものとは――。
引用:映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』公式サイトGAGA

本作は、なぜゴッホの絵がこれほどまで長い年月にわたり、多くの人々の心をとらえて離さないのか、その核心に迫るものです。

「自分だけに見えるその美しさを人々に伝えたい」という使命と情熱から絵筆をとったと考えたのが、同じ画家としてゴッホの作品と長年向き合ってきたジュリアン・シュナーベル監督です。

同じ画家として一人の画家の映画を作るというのは、どんな気持ちなのでしょうか。

2019年11月8日公開となる本作をぜひ見てみてはいかがでしょうか!

「永遠の門ゴッホの見た未来」の俳優女優キャスト・監督スタッフ

キャスト
フィンセント・ファン・ゴッホ: ウィレム・デフォー
テオドルス・ファン・ゴッホ: ルパート・フレンド
牧師: マッツ・ミケルセン
ポール・ガシェ医師: マチュー・アマルリック
マダム・ジヌー(英語版): エマニュエル・セニエ
ポール・ゴーギャン: オスカー・アイザック
狂人: ニエル・アレストリュプ
フェリックス・レイ医師: ヴラジミール・コンシニ(フランス語版)
ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル: アミラ・カサール
責任者: ヴァンサン・ペレーズ
タンバリン: アレクシス・ミシャリク(フランス語版)
ギャビー: ステラ・シュナーベル(フランス語版)
道端の少女: ロリータ・シャマー(フランス語版)
精神病院の看守: ディディエ・ジャレ
アルベール・オーリエの評論を読み上げる声: ルイ・ガレル

ウィレム・デフォーさんは、俳優として活躍されています。

映画初出演は1981年の「天国の門」ですが、登場シーンはカットされてしまったそうです。1年後に出演した「ラブレス」、「L.A.大捜査線/狼たちの街」で脚光を浴びました。その後「スピード2」のガイガーや「スパイダーマン」のグリーン・ゴブリンなど悪役を多く演じました。

そして今作では、初のアカデミー賞最優秀主演男優賞にノミネートされています。

ルパート・フレンドさんは、俳優として活躍されています。

2004年にジョニー・デップ主演の「リバティーン」でスクリーンデビューしました。翌2005年「プライドと偏見」に出演し、ウィッカム役で一躍有名となりました。2012年より人気テレビドラマ「HOMELAND」にも出演しています。

また、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ出演のショート・フィルム「Steve」では監督や脚本、プロデュースも務めています。その他にもイギリスのジャズバンドの作詞やミュージックビデオの監督を務めるなど、多岐にわたって活躍されています。

スタッフ
監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル
脚本:ジャン=クロード・カリエール
撮影:ブノワ・ドゥローム
音楽:タチアナ・リソフスカヤ

ジュリアン・シュナーベル監督は、画家、映画監督として活躍されています。

1970年代の終わりに、若き画商であったメアリー・ブーンに見出され、彼女の画廊で催された個展において、壊れた陶器の皿をカンヴァスに張りつけた作品などが話題となり、1980年代の新表現主義の中核をなす画家となったそうです。

映画監督・脚本家としては、1996年には交流のあった画家ジャン・ミッシェル・バスキアの伝記映画「バスキア」を制作。2002年「夜になるまえに」ヴェネツィア国際映画祭の審査委員グランプリ受賞し、2007年「潜水服は蝶の夢を見る」第60回カンヌ国際映画祭監督賞、および第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞しました。

「永遠の門ゴッホの見た未来」を見られる上映館(映画館)は?

公開日となる2019年11月8日から下記にある映画館で観れます!一部、上映開始日が異なる映画館もあるので、各サイトでチェックしてから行かれたほうがいいかと思います!

上映館 

北海道 札幌シネマフロンティア 
東 京 新宿ピカデリー     
    MOVIX亀有       
    MOVIX昭島       
    TOHOシネマズ錦糸町   
    TOHOシネマズ日本橋
    TOHOシネマズ上野
    TOHOシネマズ六本木ヒルズ
    イオンシネマ板橋
    T・ジョイPRINCE品川
    109シネマズ二子玉川
    109シネマズグランベリーパーク
    角川シネマ有楽町(11月13日~)
    YEBISU GARDEN CINEMA
    アップリンク吉祥寺
神奈川 MOVIX橋本
    TOHOシネマズ ららぽーと横浜
    イオンシネマ新百合ヶ丘
    横浜ブルク13
    109シネマズ湘南
    川崎チネチッタ
千 葉 MOVIX柏の葉
    TOHOシネマズ市川コルトン
    TOHOシネマズららぽーと船橋
    京成ローザ⑩
    シネマイクスピアリ
埼 玉 MOVIXさいたま
    MOVIX川口
    イオンシネマ春日部
茨 城 MOVIXつくば
栃 木 MOVIX宇都宮
群 馬 MOVIX伊勢崎
愛 知 ミッドランドスクエアシネマ
    MOVIX三好
    イオンシネマ大高
    ユナイテッド・シネマ豊橋18
    ミッドランドシネマ名古屋空港
岐 阜 TOHOシネマズモレラ岐阜
三 重 イオンシネマ東員
大 阪 大阪ステーションシティシネマ
    なんばパークスシネマ
    あべのアポロシネマ
    MOVIX八尾
    イオンシネマ茨木
京 都 MOVIX京都
    T・ジョイ京都
兵 庫 神戸国際松竹
    MOVIXあまがさき
    TOHOシネマズ西宮OS
    OSシネマズ神戸バーバーランド
滋 賀 イオンシネマ草津
奈 良 TOHOシネマズ橿原
和歌山 ジストシネマ和歌山
広 島 広島サロンシネマ
福 岡 T・ジョイ博多
    T・ジョイ久留米
    ユナイテッド・シネマなかま16
    ユナイテッド・シネマ トリアス久山

「永遠の門ゴッホの見た未来」のネタバレラスト結末予想

タイトルに「永遠の門」とあるように、本作はゴッホが人生で何を見つめたかという哲学的疑問に焦点を当てています。では、ゴッホは永遠を見つけられたのでしょうか。

「この世界に自分はそぐわないと感じている。」そうして唯一の画家仲間の理解者ゴーギャンとも決別し、「私を覚えていてくれ」そんな手紙を残し自らの耳を切り落とすゴッホ。神父にゴッホは「神は自分を生まれていない人々のための画家として創ったのだと思う」と語ります。

「その時間を止めておきたい、絵に残していたい」とゴッホが劇中で語るように、彼がその目で見た全ての景色が芸術作品へと変わる「永遠の門」だった気がします。

生前は画家として成功を収めることができなかったゴッホですが、死後100年以上経ってもたくさんの人々に愛され続けている彼の名画。それはなぜなのかを考えた時にそんな答えが見いだされる気がします。

「永遠の門ゴッホの見た未来」予告PV

予告を見るだけでも、絵を描くことが好きなだけでなく描かずにいられないんだろうなという思いが伝わってきます。辛い思いもたくさんしているゴッホが最後まで描くことをやめなかったことは、宿命だったのでしょうね。

独りの画家の人生が詰まっている本作は、とても見応えがあるものだと思います!

まとめ

もうすぐ公開される本作を見たら、ゴッホの絵が見たくなることと思います。1月13日まで上野の森美術館でゴッホ展が開催されているそうです!また、兵庫県立美術館でも2020年1月25日よりゴッホ展が開催されるそうなので、行ってみてはいかがでしょうか!

今まで絵に関心がなかった方でも一人の人の人生を知ったら、興味が湧いてくるかもしれないですね!

あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。