ホラー

ドクタースリープ(映画)の結末ネタバレやあらすじは?監督や吹き替え声優キャストと予告映像も

映画「シャイニング」の40年後の話の「ドクタースリープ」。

前作の映像も映る本作は新な恐怖と前作の恐怖が重なりゾクゾク感が増しそうな本作!

今回は、気になるあらすじ、監督や吹き替え声優キャスト、予告映像の他に結末ネタバレは?について紹介していきたいと思います!

「ドクタースリープ」のあらすじ・作品概要

鬼才スタンリー・キューブリックが手掛け、閉ざされた雪山のホテルで狂気にとらわれた男ジャック(ジャック・ニコルソン)とその家族に襲い掛かる恐怖を描いた1980年のホラー映画『シャイニング』。本作では、キングが2013年に発表した小説『ドクター・スリープ』を基に、惨劇から生き残ったジャックの息子ダニーの40年後が描かれる。

雪山のホテルの惨劇を“特別な力”で生き残り、いまはホスピスで働きながら人を避けるように暮らしているダニー(ユアン)のもとに、謎のメッセージが届く。ごう音に目覚めたダニーが鏡越しに見つめた先には“REDRUM”という文字列が浮かび上がる。逆から読むと“MURDER”、つまり“殺人”を意味するメッセージだ。その後、ダニーの前に、“特別な力”で「事件」を目撃した少女アブラ(カイリー・カラン)が現れる。

そして、児童連続失踪事件を引き起こす謎の狂信的集団の姿や、事件の謎を追い、40年前に惨劇が起こったあの“呪われたホテル”へとたどり着いたダニーとアブラを襲う恐怖の一端が映し出される。

参照:映画『ドクタースリープ』公式サイト11.29 Fri 全国ロードショー

本作は、スティーヴン・キング原作を元に映画「シャイニング」の40年後の話として「新たな恐怖」を描いてるそう!

映画「シャイニング」を知っている人には頭の片隅に残っているであろうホテルの廊下に立つ双子の姉妹の姿をはじめ、謎の集団が燃える炎を見つめるシーン、アブラが突然宙に浮かぶ様子、壁に押しつけられたダニーにいくつもの手が迫る場面などが見れるそうで、前作の恐怖映像からもゾクゾクしてしまう最新作!

2019年11月29日(金)から公開です!

現在公開されている赤と黄色のポスターは、映画「シャイニング」の時に出てきた映像やポスターをもとに作られている印象で続編という事がわかりやすく示されているように感じますね。

「ドクタースリープ」のキャスト・吹き替え声優・監督

スタッフ
監督・脚本:マイク・フラナガン
原作:スティーヴン・キング

キャスト
ユアン・マクレガー:ダニー・トランス
レベッカ・ファーガソン:ローズ
カイリー・カラン:アブラ

人を避けるように孤独に暮らすダニー役の「スターウォーズ」シリーズのオビ・ワン役などで知られるユアン・マクレガーの他、「グレイテスト・ショーマン」で美しき歌姫のジェニー役であったレベッカ・ファーガソン。そして、半年かかったオーディションの末に本作でデビューを果たす事となった新星子役のカイリー・カランが出演しています!

そして注目なのが、本作以外に「キャリー」「デッドゾーン」「ミスト」「IT」等の有名なホラー映画の他、「スタンドバイミー」「ショーシャンクの空に」といった青春ものやヒューマンドラマ等の短中編小説を元に映画化されヒット続出している小説界の大物のスティーヴン・キングです!

彼女の物語は、どっきり要素の他にふつふつと恐怖を掻き立てるような映像と狂気的なキャラクターが特徴かと思われ、印象にのこるキャラクターやシーンが多いです!

さらに前作「シャイニング」と監督・脚本は異なり、Netflixで配信しているホラー映画「ジェラルドのゲーム」を手掛けているマイク・フラナガンが監督と脚本を務めています。そのためストーリーと映像と合わさりスリラー感が倍増した作品となっていそう!!

そして日本語版として最近新たに予告が出ていますが…声優は発表されていないようですが、前作映画「シャイニング」では吹き替え版も公開されているので本作も吹き替えはあると考えられます! そして前作のダニーは、伊藤隆大が吹き替えをしていますが、今回は大人バージョンのため声優は変更になる可能性大ですね!

「ドクタースリープ」の主題歌・予告映像

予告

主題歌

主題歌は公開されていませんが予告の様子から前作の要素もおおく使われていると考えられます!

前作「シャイニング」と被るシーンの時の流れた曲?音?は聞けるはず!」という事で、予告で見られた前作「シャイニング」のシーンを紹介します!

まずホテルでの幼いころのダニーが三輪車で呪いわれたホテルで遊ぶ様子のシーン。

次にシャイニングのポスターにもなったジャックの壊れた壁からのぞく顔が印象的なシーン。

「ドクタースリープ」の結末ネタバレ

原作はティーヴン・キング『ドクター・スリープ』(文春文庫)でまだ公開していないですが、今回ここでは結末は本を参照するとこんなかなという予想のもと結末までのネタバレを簡単に下記に記載しようと思います!(※公開する映画内容と異なる展開になる可能性もあります。)

40年前の雪山のホテルで起きた惨劇で生き延びた男の子のダニーが大人になり、かれの「かがやき(シャイニング)」の能力の影響で悪夢を見続けておりそれから逃れるかのようにドラッカーになっていた。そのため彼は、ホスピスで働きながら人を避けるように過ごしていた。

ある時、目覚めたダニーの先にあった鏡に「REDRUM」という謎のメッセージが書かれており、逆さにすると「MURDER(殺人)」と意味するメッセージに。そして、過去の惨劇を思い出したダニーは「住人達が戻ってきた」と脳裏に記憶が蘇る。

その時、ダニーの前に特殊な能力をもった少女のアブラが現れ、子供ばかり狙った狂信的な集団(真結族)による不可解な事件が起きる。そんな時、事件を目撃してしまい命を狙われることに。

そして、事件の謎を追うとあの雪山のホテルにたどり着き、40年前に雪山のホテル内で起きた惨劇の謎が明らかとなる。

本では上下巻に分かれており、主にダニー、アブラ、謎の狂信的な集団のリーダーローズの3人の視点で描かれています!

下巻の結末になるにつれて謎が解け、感動と読み切った感がよいです☆(前作を読んでから本作を読むとわかりやすいです!)

ダニーはアブラの伯父だったから同様の能力を持っていたということ、謎の狂信的な集団はバンパイアみたいに彼らのような能力を持つ者から力を得る事で延命してきた人間のようで人間でない存在、まさか真結族ははしかで自滅などなど面白い展開も読むにつれてじわじわと…。

「ドクタースリープ」まとめ

前作の40年後を描く本作は、シャイニングの時の恐怖やハラハラの他にダニーとアブラVS謎の狂信的な集団(真結族)との戦いを描いており「新な恐怖」を味わえるものになっているようです!!

映画の他にスティーブン・キングが著作した本版の「シャイニング」「ドクタースリープ」もチェックしてみてください!!

あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。