コメディ

カツベン(映画)のあらすじや原作ネタバレは?ロケ地は福島市で舞台挨拶はある?

「カツベン!」は2019年12月13日に公開が予定されており、主人公・染谷俊太郎役の成田凌さんはなんと映画では初主演となります。

カツベンとは活動弁士の略であり、スクリーンの横に立ってその無声映画の説明をするという日本独自の文化だったそうです。

まさにこれが日本映画の原点の世界ともいえるのではないでしょうか。

大正時代の映画愛が現代によみがえる物語で、まるで100年前の世界に飛び込んだような気持ちになる作品です。

そんな映画「カツベン!」についてあらすじやロケ地、舞台挨拶などについてまとめてみました。

「カツベン!」のあらすじ・作品概要

100年前、まだ映画が「活動写真」という名で呼ばれ、声もなくモノクロだった時代、海外においてはオーケストラの演奏をバックに多彩な才能を発揮したチャーリー・チャップリンやバスター・キートンといった人気俳優が絶大なる人気を誇っていた。

そんな中で日本の活動写真といえば、楽士の奏でる音楽に合わせて、活動弁士(通称:活弁)と呼ばれる喋りの達人たちが配役のすべての声を担当し、その軽妙洒脱なお喋りは観客の心を鷲掴みにし、たちまち人気を博すことになった。

現在の声優に近い立場にあった活動弁士にはそれぞれにファンがついており、人気の活動弁士と契約することは正に映画館にとっては存在自体を問われるほどの重要課題でもあった。

この物語は活動弁士を目指す若き青年が小さな町の映画館に流れ着いたことから始まり、時に警察、時に再会した恋人をも巻き込んで繰り広げられるノンストップエンターテイメントである。

引用:ウィキペディア

映画が活動写真と呼ばれていた大正時代、京都にある撮影所近くに住んでいた少年・俊太郎や幼馴染の少女・梅子が活動小屋で無声映画の撮影風景を見たり、活動写真を見て憧れを持ちながら成長します。

大人になって活動弁士を目指している俊太郎のを追いかけている様子をメインに描いています。

そしてその周りも個性豊かなキャラクターが登場するのでそちらも注目のポイントになりそうです。

「カツベン!」に原作はある?ネタバレ内容も

この「カツベン!」という映画はオリジナルのもので、脚本を手掛けている片島章三さんが10年以上温めていたシナリオをもとに周防監督と共に作り上げた作品とのことです。

実在の人物を再現したのもこの映画の特徴で、牧野省三監督や映画スターといわれている尾上松之助さん、二川文太郎監督たちを現代の俳優が演じます。

劇中の無声映画は監督が新たに撮影しており、そちらに出演する俳優もとても豪華で、映画の中でさらにほかのストーリーも見ることができる作品に仕上がっています。

周防監督の映画には欠かせないであろう竹中直人さんや渡辺えりさんも出演していますが、多くのアドリブを芝居の中に取り入れているそうです。

今回、初めてデジタルで撮影した作品とのことですが、フィルムで構成されたつきはぎ映画などもあるようで、そういったシーンは映画ファンの心を揺さぶるものになるのではないでしょうか。

「カツベン!」のロケ地は福島市?

大正時代を映し出すようなロケ地を求めて、全国各地で撮影が行われていたそうです。

そのひとつメインとなる映画館には福島県福島市の福島市民家園に移築されている旧廣瀬座が主なロケ地となっているようです。

俊太郎がフロックコート姿で活弁をするシーンを撮影し、エキストラとして地元の方も参加されていたそうです。

ほかに千葉県、栃木県、茨城県、京都府、岐阜県など多くの場所で撮影されています。

「カツベン!」の舞台挨拶や予告映像

周防監督の舞台挨拶つき試写会は2019年11月30日、千葉県船橋市にあるTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて予定されています。

映画本篇の上映は行われないようですが、第32回東京国際映画祭のGALAスクリーニング作品として東京都港区にある六本木ヒルズアリーナにてレッドカーペットセレモニーが開催されるそうです。

2019年10月31日に行われ屋外でのオールスタンディングイベントですが、登壇者には周防監督はじめ、成田凌さん、黒島結菜さん、永瀬正敏さん、高良健吾さん、音尾琢真さん、渡辺えりさん、小日向文世さん、竹野内豊さんとキャストも豪華に行われるようです。

そして周防監督自らが映画「カツベン!」のキャンペーンで47都道府県を回る周防正行の日本全国しゃべくり道中を行っています。

活動弁士のように作品の魅力についてを語るため全国を巡るそうで、6月13日に北海道で出発式が行われていました。

活動弁士・茂木のイケメンぶりや永尾の強面ぶりなど各キャストの特徴がよく表れている予告です。

まだ活弁をすることのない俊太郎の雑用っぷりも板についていますが、最後の方に流れる表情は引き締まっていて活動弁士としての顔を見せています。

ラストに竹中さんがしっかり予告でもオチになっていてコメディ要素にも期待が持てます。

まとめ

活動写真ではアクションやチャンバラのようなものが主流だったそうですが、カット割りを行うことはこの時代になかったそうで、昔を再現するためにはどのようにアクションをみせればよいかというテーマもこの作品にはあったそうです。

動きにこだわったという撮影がどのようなものか、そちらも見どころのひとつとして頭に入れておきたいポイントです。

あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。