国内ドラマ

ドクターXシーズン6のあらすじキャストと田中圭の出演は?主題歌や放送日はいつから?

「ドクターXシーズン6」は医療系ドラマで「私、失敗しないので」を堂々と言うフリーランスの天才外科医である大門未知子と神原晶のコンビが再び東帝大学病院に帰ってきます。

それだけでももちろん楽しみですが、シリーズ5で逮捕された蛭間が登場するという事で対立関係にある蛭間と未知子にまたもひと波乱あるのではないかと予想されている方が多いのではないでしょうか。

そんな気になるドラマのあらすじやキャストについて、そして俳優の田中圭さんは出演するのか、主題歌や放送日についてもまとめてみましたので最後までよろしくお願いします。

「ドクターXシーズン6」のあらすじ・概要

人里離れた山奥に“ポツン”と建つ一軒家――道に迷い、お腹を空かせて山を歩き回っていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、そこでニコラス丹下(市村正親)という日系二世のブラジル人と出会う。

ニコラス丹下の手料理を食べながら意気投合したふたりだったが、まさかその後、まったく別の形で再会することになるとは、そのときは知る由もなかった…。

 その頃、蛭間重勝(西田敏行)率いる「東帝大学病院」は空前の財政危機に瀕していた。
苦境を脱するため、蛭間が打ち出した秘策は「海外医療ファンドからの300億円出資」。

「東帝大学病院」が誇る最新医療に投資するファンドのマネージャーを招聘することを決定する!

 2カ月後――。

 蛭間たちが迎え出る車から降りてきた男は、なんと丹下だった!

 実はニコラス丹下の正体は医師免許も持つ海外投資ファンドのマネージャー。

冷徹なまでに赤字部門を切り捨て、企業再生を図っていくことから「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれ恐れられている人物だったのだ。

 さっそくニコラス丹下は『東帝大学病院リバースプラン2020』を提示。

附属病院の統廃合、医師・スタッフのリストラ断行に加え、業務の合理化を推進する新部門を設立し、そこに次世代インテリジェンス手術担当外科部長として潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として浜地真理(清水ミチコ)を呼び寄せ、次世代超低侵襲外科治療担当部長に加地秀樹(勝村政信)を昇格させることを発表する。

 さらに、その場に未知子も現れたことで、蛭間や海老名敬(遠藤憲一)ら「東帝大学病院」の医師たちは騒然。

未知子の「ニコタンに雇われた」という言葉通り、ニコラス丹下は未知子を「理想の外科医だ!」と絶賛し…!?

 「東帝大学病院」内の不採算部門清算に取り掛かったニコラス丹下は、病院の食堂に着目。

そんな中、食堂のおばちゃん・岩田一子(松坂慶子)が突然胸の痛みを訴える。

そこに居合わせた未知子が検査に連れていくと、肺塞栓症の疑いが…。

もっとよく検査をしたいと考える未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより、一子は勝手に手術台にあげられてしまい…!?

引用:テレビ朝日

他のシリーズでも登場する人物は大門未知子だけでなくそれぞれのキャラクターに個性がありましたが、今作はさらに個性の濃いキャラも登場しそうな予感がする設定に心躍ります。

AIを使った手術など最新医療もこのドラマで見ることができそうなので、どのように人の手と共存していくのか、または上をいくのか期待したいです。

そして未知子の医者としてのしっかりしたところと普段とのギャップも見どころのひとつですので、そのあたりも注目していきたいです。

「ドクターXシーズン6」のキャストは?田中圭の出演も

<キャスト>
大門未知子:米倉涼子
潮一摩:ユースケ・サンタマリア
城之内博美:内田有紀
海老名敬:遠藤憲一
加地秀樹:勝村政信
原守:鈴木浩介
鮫島有:武田真治
浜地真理:清水ミチコ
村崎公彦:藤森慎吾
大間正子:今田美桜
多古幸平:戸塚純貴
伊倉瑠璃:河北麻友子
飯野加菜:川瀬莉子
神原晶:岸部一徳
ニコラス丹下:市村正親
蛭間重勝:西田敏行

話題の武田真治さん、市村正親さん、ユースケ・サンタマリアさん、河北麻友子さん、今田美桜さんなど今回の新キャストが発表されています。

そして多くの方が田中圭さんはシーズン6には出演するの?という事が気になっているのではないでしょうか。

これまでに新米外科医としてシーズン1に出演し、シーズン5にも再登場している森本光先生という役を演じています。

田中さんは他のドラマにもたくさん出演している今注目の役者ですので、レギュラー出演は難しいのかもしれません。

まだゲスト出演という可能性もありますし、最後まで楽しみがあるかもしれないという期待は捨てきれないですね。

「ドクターXシーズン6」の主題歌・予告映像

シーズン5まではSuperflyさんが担当されていた主題歌ですが、今回ドクターXシリーズ初の洋楽が主題歌として起用されています。

アメリカのシンガーソングライターP!NKの大ヒット曲である「ソー・ホワット」です。

未知子にも負けないようなグローバルで力強さのある楽曲であり、このドラマにも負けないようなダイナミックさとパワーがみなぎっています。

未知子が難しいオペをすれば神原名医紹介所の所長・神原がメロンを持って法外な金額を要求しますが、なぜかいつも未知子はお金がなく、今回もそんな叫びから始まる予告になっています。

これが普段の未知子だったな、と思い出させてくれるシーンもあり、今回はコストカットリストラ、そしてAIとの闘いが幕を開けるようです。

どのようにして未知子たちが立ち向かっていくのか、また新旧の医療メンバーがどんな場面を見せてくれるのかが楽しみです。

「ドクターXシーズン6」の放送日はいつから?

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」のシリーズ6はテレビ朝日開局60周年記念のドラマでもあり期待が高まります。

そんな待望のシーズン6ですが、その放送日が気になっている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

2019年10月17日木曜日の夜9時スタートで、初回は15分拡大とのことなのでどんな展開が待っているのか注目の木曜日になりそうです。

まとめ

ドラマ「ドクターXシーズン6」は他のシリーズでも、物語に最新の話題を取り入れておりそのあたりも見どころのひとつとしてあげられます。

また現在は回復しているようですが主演の米倉さん自身も低髄液圧症候群という病気にかかっていたことを公表しており、この作品監修の脳外科の先生に相談したりしていたそうです。

医者に相談する患者の気持ちも汲み取れる外科医・未知子がパワーアップした姿を見ることができそうですね。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。