国内ドラマ

「孤独のグルメseason8」2話登場のお店はイート(EAT)!杉並区高井戸のタンステーキとミートパトラの料理の値段も

「孤独のグルメseason8」が2019年10月5日から『ドラマ24』枠(毎週土曜日0時12分 – 0時52分)で放送が始まりました!

本作の原作は、個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画です。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどで、出先での食事がメインのため、出張などを除けば、大半が東京を中心とする関東の店となっています。

料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴です。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行します。

主演は松重豊さんです。ドラマ本編に加え、終盤に原作者の久住昌之がその日のドラマに登場した店を実際に訪れるミニコーナー「ふらっとQUSUMI」で構成されています。

深夜の美味しそうな料理はより美味しく見えてしまうので、放送後はお店に行列ができる事がよくあるそうです。

「孤独のグルメseason8」の第2話で井之頭五郎はどこへ向かったのでしょうか!ご紹介していきます!

「孤独のグルメseason8」2話は杉並区高井戸へ

10月11日(金) 第2話
「杉並区高井戸のタンステーキとミートパトラ」

ゲスト:
沢村まどか…上白石萌音
レストランのお母さん…中尾ミエ

井之頭五郎(松重豊)は婚活パーティーを主催する沢村まどか(上白石萌音)との商談で高井戸にやって来た。沢村は可愛らしい笑顔で商品を即決したかと思うと、値引き交渉を仕掛けてくる。五郎が苦笑するほどのヤリ手で――。

商談を終えた五郎は、駅へ向かう途中、一見オフィスビルのような洋食レストランに遭遇する。しかし表にメニューがなく、看板は牛のマークのみ。覗いた店内の美味しそうな料理に一気に空腹になり足早に中へ…。

引用:テレビ東京

「孤独のグルメseason8」の第1話では、神奈川県横浜市にある横浜中華街に行った井之頭五郎です。そして、第2話では東京都杉並区にある洋食屋さんを訪れました!

ここのお店で人気のあるタンステーキやミートパトラを召し上がったようです。詳細は下記で紹介していきます!

2話に登場したお店は「イート(EAT)」

2話に登場するお店は、「イート(EAT)」という、ジャンルは洋食、ステーキ、ハンバーグのお店のようです。

京王井の頭線高井戸駅から徒歩7分くらいの場所にある、創業50年の閑静な住宅街にある老舗です。ご夫婦で経営されていて、家庭的な温かみのあるお店のようです。

じゃがいもとお肉、玉ねぎ、にんじんの入ったチャーチャースープが代表メニューのようです。玉ねぎとにんじんは溶けるくらい煮込んであり、アクセントにゆで卵の白身がはいっているそうです。


店舗情報

店舗名 :イート(EAT)
電 話 :03-3334-6486
営業時間:11:30~14:00
     17:00~22:00
     日曜営業
定休日 :水曜 木曜
所在地 :東京都杉並区高井戸西3-7-10
リンク:食べログ

タンステーキとミートパトラの料理の値段

そして、タンステーキとミートパトラも人気メニューだそうで、タンステーキは2000円ミートパトラは1300円とリーズナブルなお値段です。

タンステーキはすごい厚みのお肉に、付け合わせに少量のパスタがのっています。ミートパトラは、ピリ辛の挽肉にトマト、卵を加えてオーブンで焼いたお料理のようです。考えただけで美味しいんだろうなと思います。

「イート(EAT)」に行った人のネットの声

まとめ

見てるだけで食べたくなってくるくらい美味しそうなものがたくさんありますね!まだまだ始まったばかりなので、夜中の空腹を覚悟で美味しい料理の紹介を楽しんでいただければと思います!

見たら、行列覚悟で行ってみるのもいいかもしれませんね!

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。