ヒューマンドラマ

最高の人生の見つけ方(日本版リメイク)の上映館や結末ネタバレとロケ地は?キャストにももクロも

2019年10月11日公開予定の「最高の人生の見つけ方」を紹介していきます。

本作は、原作となった2008年5月に日本で公開となった同名のアメリカの映画のリメイクです。この時は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの二人が主演でしたが、今作では女性二人が主演となっています。

キャッチコピーは「人は生き、人は死ぬ。世の中はその繰り返しだ」です。

「最高の人生の見つけ方」のあらすじ・概要

家庭のために生きてきた〈大真面目な主婦・幸枝〉と、会社のために生きてきた〈大金持ちの女社長・マ子〉。たまたま同じ病院の、幸枝は一番安い大部屋、マ子は最高級の個室に入院していたのだが、ひょんなことから2人部屋で同室となる。

デキる秘書の高田(ムロツヨシ)にかしずかれ、かなり年下の夫で副社長の輝男(賀来賢人)が颯爽と見舞いに現れ、どこから見てもセレブなマ子だったが、幸枝は輝夫が病院の前で若い女と落ち合うのを見てしまう。

一方の幸枝は見舞いに来たしっかり者の娘の美春(満島ひかり)に、頼りにならない夫の孝道(前川清)と息子の一慶(駒木根隆介)に代わって、「もしもの時」のことを頼もうとして拒まれる。どこかワケありの2人は、互いの唯一の共通点が、余命宣告を受けたことだと知る。

その後、一時退院した2人。そこに幸枝から電話が入る。残りの人生にやりたいことなど何もないことに気づいた幸枝は、病院で出会った12歳の少女が落としていった、人生を力いっぱい楽しみたいという夢が詰まった〈死ぬまでにやりたいことリスト〉を、「やってみようと思うんです」と──最初は呆れていたマ子だが、「自分のためです」という幸枝の弾んだ声に動かされ、気づいた時には「それ、私も乗るわ」と宣言していた。

「スカイダイビングをする」「ももクロのライブに行く」「好きな人に告白する」・・・、今までの自分なら思いつきもしないことを、出会った大勢の人々を巻き込んで、次々と成し遂げていく幸枝とマ子。
引用:公式サイト

人生を家庭にささげてきた主婦と、人生を仕事にささげてきた女社長「最高の人生の見つけ方」を探す旅に!自分たちを大切にする喜びを知った彼女たちの輝きが周囲の人たちの人生も変えていく。

見た人たちも人生を楽しく変えたくなるような内容です。

監督は、「のぼうの城」の犬童一心監督で、主題歌は竹内まりやさんの「旅のつづき」です。

「最高の人生の見つけ方」の俳優女優キャスト

キャスト
北原幸枝:吉永小百合
剛田マ子:天海祐希
高田学:ムロツヨシ
北原美春:満島ひかり
神崎真梨恵:鈴木梨央
北原一慶:駒木根隆介
三木輝男:賀来賢人
北原孝道:前川清

「千年の恋 光源氏物語」以来、18年ぶりの共演となった吉永小百合さんと天海祐希さんが主演です!吉永さんにとっては、121本目の映画出演となったそうです。

前川清さんが吉永小百合さんの旦那役で、満島ひかりさんが娘役でそれぞれ出演されています。

「最高の人生の見つけ方」の上映館やロケ地はどこ?

本作は、2019年10月11日より全国の映画館で上映予定となっています!

そして、ロケ地は京都の法観寺に続く八坂通りにある「レンタルきもの岡本 八坂の塔前店」の前で撮影されたと思われます。派手な着物で歩いてるシーンが印象的ですね!

そして京都の鴨川でも撮影が行われていたようです。鴨川というと、夏は川の上のお座敷で涼をとる川床が有名ですね。景色が大変よく、歴史的な雰囲気も残っているので観光コース・散歩コースとしても有名です。

それ以外にも、長崎や都内での撮影も行われたそうです。下記で紹介している横浜アリーナでの撮影もありましたね。

「最高の人生の見つけ方」でももクロのライブに参加?

リストの一つの「ももクロのライブに行く」の撮影は、2019年2月9日に横浜アリーナで行われたももいるクローバーZの実際のライブにて行われたそうです。

行くだけでなく、ステージに上がっているようなのでどんな経緯なのか、映画を早く見たいですね!ムロツヨシさんが盛り上げるためなのか、すごく一生懸命ペンライトを持って踊っているのが印象的です。吉永小百合さんも天海祐希さんも踊っている姿が可愛いですね。

「最高の人生の見つけ方」の結末ネタバレは?

本作の結末はまだ明らかになっていませんが、原作ではモーガン・フリーマン演じるカーターは、亡くなる前に残り2つのうちの一つ「泣くほど笑う」を達成し亡くなり、その数か月後ジャック・ニコルソン演じるエドワードも帰らぬ人になってしまう。

そして最後は、秘書のトマスによって、二人の遺灰がエベレストの頂上に。リストの最後の1つ「壮大な景色を見る」が達成された瞬間でした。

本作も多少の違いはあれど、こんな感動的な結末になるのかなと予想されます。

まとめ

命の期限が告げられた時、最後まで思いっきり楽しもうと思えることは、素晴らしいことだと思います。笑顔になれる事大きな声で笑えることで最後を迎えられたらいいなと思えますね。

原作を見た方も見てない方も楽しめる作品だと思います!

あなたもドラマの口コミ書いてみませんか?
●ドラマを見たけど他の人と感想を共有したい
●見てるドラマの評判を確認したい
●ドラマの最新情報を受け取りたい

▼無料登録で口コミが投稿できます▼

「TVログ」でドラマの口コミを投稿してみる

無料登録だけで料金は一切かかりません

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。