アニメ

ドラゴンクエストユアストーリー(映画)のラスト結末までのネタバレや評価感想は?あらすじやキャスト監督や主題歌も

人気RPG「ドラゴンクエスト」の3DCGアニメーション映画であるドラゴンクエストユア・ストーリーについてネタバレや感想・評価をご紹介します。

またあらすじや予告映像、主題歌や出演キャスト、監督スタッフについてもご紹介いたします。

ドラゴンクエストユア・ストーリーのあらすじ・概要

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。

その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。

旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる——

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。

父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。

果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

引用:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー-映画・映像|東宝WEB SITE

大人気RPGの「ドラゴンクエスト」シリーズの中でもドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」の3DCGのアニメーション映画の制作を山崎監督率いる映画「STAND BY ME ドラえもん」の制作チームが行っています。

ドラゴンクエスト(=ドラクエ)の主人公の目線でドラクエの世界を体感できるのはとっても夢のようで楽しいです。また途中に仲間になるゲレゲレ、スラりんはとてもキュートで癒されます。

さらに、ビアンカかフローラかゲームで迷われた方もいるのではないでしょうか。リュカも本編で翻弄されます。

終版の展開が意外なおちで、ゲームファンにとってはちょっと納得のいかない端切れが悪いと感じる事もあるかと思います。

しかし、「ユアストーリー」とタイトルにある意味が分かるのでストーリー自体は一環としているといった終わりです。

ドラゴンクエストユア・ストーリーのキャスト・スタッフ

スタッフ
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一、花房真
原作・監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち

キャスト
リュカ:佐藤健
ビアンカ:有村架純
フローラ:波瑠 
ヘンリー王子:坂口健太郎
パパス:山田孝之
アルス:内川蓮生 
サンチョ:ケンドーコバヤシ
ゴンズ:関口晴雄
マスタードラゴン:安田顕
ブオーン:古田新太
松尾スズキ
スラりん:山寺宏一
ミルドラース井浦新
マーサ:賀来千香子
ゲマ:吉田鋼太郎     など

総監督・脚本はVFXの第一人者の山崎貴監督で、「STAND BY ME ドラえもん」を製作した八木竜一と花房真を監督としており、3DCGアニメーション映画の最高峰スタッフがゲームではドットであった背景などもアニメーションで見事に具現化されています。

また、ドラゴンクエストゲーム原作・監修を「ドラゴンクエスト」の生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二、音楽を幅広いジャンルの音楽を手掛ける作曲家のすぎやまこういちが担当しています。

更に豪華な俳優陣が声優を担当しています。

パパスの声を山田孝之が担当してますが、彼の出演していた深夜ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」のイメージが強く、リュカの担当ではないのかと思う所でした。しかし、本編で「渋い、強い、かっこいい」のパパスの声を聞いて違和感ないなと納得してしまいました。

ドラゴンクエストユア・ストーリーの予告映像・主題歌

音楽監修をすぎやまこういち、岡本北斗が担当しています。

予告でも流れるお馴染みの曲は、ゲームのドラクエが発売された当時は珍しかったオーケストラ用の楽曲が使われています。

また挿入曲に佐藤直紀「Virus」が使われています。

彼は、山崎監督の作品の曲をよく任されている作曲、編曲家です。

ドラゴンクエストユア・ストーリーのネタバレストーリー

ドラゴンクエストⅤのゲームと同じテロップからストーリーが始まる。さらに、ゲマが魔界の扉を開きミルドラースを降臨させようと天空人で魔界の扉を開く呪文を知っているリュカの母マーサを連れ去る少年リュカは父パパスとゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻す旅に出てーーといったところまでさっとスーパーファミコンの画像で紹介される。(←天空人の説明はほとんど省かれている)

その後、父と旅の途中の構えた小屋から3DCGでの物語が始まり、旅の途中にパパスがヘンリー王子の護衛に就く。その時に、リュカもヘンリー王子の護衛に就こうとしたとした所、ヘンリー王子とともにリュカも魔物たちに連れ去られてしまう。ヘンリー王子とリュカが捕まりパパスが救出に魔物たちと戦いを繰り広げるもその時にゲマが現れ、リュカ達を人質にする。そのため、抵抗できずにいるパパスにゲマの強力なメラゾーマが直撃。その時、父パパスがリュカに何かを伝えようとするも息絶えてしまう。

その後、ゲマの奴隷となりゲマの城作りのために働かされるリュカとヘンリー王子はある時、死体を樽に入れて流す機会を狙って全身に糞を塗りたくり樽に入り見事に川から町に落ち城から抜け出すも兵士に見つかる、樽に入ったまま転がるように町まで逃げる彼らはゲマの城の城下町でゲマの企みを止めることが出来る「勇者」を探して酒屋として潜入しているプサンに助けられる。

そして、助けられた次の日にプサンと別れヘンリー王子の城へ帰還するもリュカはパパスの最後に伝えようとしていた言葉が気になり故郷に戻る。そして、自宅の暖炉の下にあった父の部屋で「天空のつるぎと勇者を見つけ出し」と書かれたパパスの日記を発見、その時にずっと留守の間家を守っていたパパスの召使?であったサンチョと再会し「あなたは天竜人のマーサさまの子。天空のつるぎを抜けるのはあなたかもしれないーー」といった言葉かけから自身が勇者かはわからないも母を救いだすためにサラボナのルドマン国王が「天空のつるぎ」をすでに管理している、大神殿の城下町に人間として化けて身を隠しているマスタードラゴンがいるという情報をもとにリュカはまずサラボナを目指して一人で冒険の旅に出る。

その途中立ちはだかるいくつもの試練を乗り越え、(←ゲーム内でダンジョンをこなす映像がバーッと流れる)その時にずっと後ろからつけてくるスライムのスラりんや旧友のパンサーのゲレゲレと出会い仲間となりたどりついたサラボナは、ブオーンに荒らされていた。そして、町中にブオーンを倒したものはサラポナの姫と結婚でき、サラポナの時期当主になれるという報酬が記載されたビラが張られていた。そんな中、ルドマン国王に会いに城に向かった時に姫と遭遇する。

その姫は、なんと幼少期に父パパスと船でサンタローズに旅していた時に港で出会ったフローラであった。さらに、ルドマン国王から「天空のつるぎ」を受け取ろうとするも管理していたはずのつるぎはブオーンにすでに持ちされていた。(←城はすでに半壊しており使用人はいない状態)討伐に自信がないリュカであるも一度挑みにいく。しかし、ブオーンに負けすぐに黒焦げになって町に帰ってきたリュカ達。

その時に薬草をくれたのは幼少期に一緒にダンジョンをこなしたことがあるビアンカ。彼女が昔の縁とのことでパーティーに加わり(←パーティーといってもビアンカ、ゲレゲレ、スラりんのみであるも)再度ブオーン討伐に挑み、宝石とともにある「天空のつるぎ」を見つけゲットするもさおを抜くことが出来ず自身が勇者ではないことを知る。しかし、見事にブオーンの弱点を見つけパパスの形見の剣のみで倒し忠誠を誓わせる事に成功する。

そして、討伐に成功した報酬としてサラポナの姫と結婚できることになりビアンカにフォローされながらプロポーズをフローラにして了承を得るも、その夜に宿坊に帰宅したときに現れたなぞの魔女の老婆(←フローラが実はビアンカがすきなんではないかと感)に渡された薬で「自己暗示」が解かれ(←これはなんだ?とゲームをしている人は思うであろう。)、ビアンカが本当は好きなことに気がつきそしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐり一晩悩むも昔だれかに言われた「背中を任せられる相手が本当に大切な人」という事言葉を思い出し、ビアンカにプロポーズをしてフローラとの結婚を破棄する。

そして、ビアンカとの間にアルスという男の子が生まれてすぐに、剣がかたかたと勇者を見つけてくれと言わんばかりに動き出す様子をみて再度旅に出る決意をした瞬間にゲマの率いる魔物の襲撃に遭い逃げることとなる、リュカは逃げ切るために戦おうとするも石にされてしまう。また、サンチョにアルスを預けビアンカも戦うもビアンカが天空人なのを知ったゲマが強力なバリアを張って抵抗するマーサから呪文を聞き出すために天空人同志の心で会話するという能力を利用しようとビアンカをさらう。

しかし、マーサから呪文を教えてもらえずゲマに挑もうとするビアンカも石にされてしまう。その後、アルスが数々のダンジョンに挑み成長、8年後に魔法の杖を手に入れる魔法が解けるリュカはアルスとともにゲマを倒し妻と母を助けるために戦いに挑むことになる。

ゲマ討伐のためにマスタードラゴンであるプサンの力を借りようとするも以前ダンジョンで手に入れたはずのドラゴンオーブが昔に出会った男にすり替えられ偽物となっていた。そのため、妖精に願いをかなえてもらう必要が出来る。しかし、一人で妖精の居場所に乗り越えてこないと願いを叶えてもらえない事から一人で旅にでる。

その途中、キラーマシーンに攻撃され、さらに入り口までの道が途切れているピンチにあうもこっそりついてきていたスラりんを使ってたどり着く。スラりんの手は借りたが例外として認めてくれた妖精の王女様(名前は不明)により過去に帰る事で本当のドラゴンオーブを手に入れる事になる。(そこで、リュカが過去にであった男が現在の自分であることに気が付く。)
そして、アルスとプサンの元に帰りドラゴンとなったプサンにのってゲマ討伐に向かう。また、途中に石になっているビアンカの呪いをリュカの呪いを解いた時と同様に杖を使って解き合流する。

ゲマのもとにいくもすでに強大な力を手に入れており、リュカの母マーサは力が尽きてしまいリュカの腕の中で息絶えてしまう。リュカ、ビアンカ、アルス、スラりん、アルスはゲマ率いる魔物と「メラ」、「バギマ」「べギラゴン」等のゲームでも馴染みのある呪文を使いつつ、アルスは天空の剣、リュカはパパスの形見の剣で戦うも敵が多く太刀打ちできないところに大きな船が登場。そしてその船から降りてきたのはヘンリー王子率いる軍とブオーン。

彼らが参戦し有利になり、アルスとリュカが二人の力を合わせてゲマの結界を剣で貫きあと少しで倒せるといったところで魔界の扉を開けないかと思いきや強力な力を手に入れていたゲマは息絶えたマーサをリュカ達から奪い吸収し、天空人の力を手に入れ魔界の扉を開けるもアルスが天空のつるぎで阻止、終了かと思いきや急にリュカ以外のキャラクターや世界が静止する。

すると魔界の扉からミルドラース?と思いきやこの世界に入ったというコンピューターウイルスが突如現れ、CGで具現化されたゲームの世界を白色の世界になる。そして、自身は「ドラゴンクエスト」を体験している者と思い出すもゲームの世界のストーリーを完結させためにスラりんは実はゲーム内に潜むウイルスを監視するプログラムでアンチウィルスを倒すための天空のつるぎに似た剣をリュカに授け、リュカはその剣と使いウイルスを倒しゲーム世界を取り戻し、ラストをむかえる。

ドラゴンクエストユア・ストーリーの感想

ペン丸
ペン丸
5段階評価:★★★★★

ドラクエのファンは、ドラゴンクエストⅤが3DCGアニメーション映画で具現化されてエンディングや内容も似通ったものと考えていた方が多かったようです。ファンとして終わり方はゲーム世界だけでキレイにストーリーを完結してほしかったです。

ウイルスが出てきてた時には「え?」となり、現実の戻されたときに特に落胆の方が大きくなってしまいました。しかし、一つ納得したのは「自己暗示」やプサンが妖精の所に行く途中にロボットが出て来ることに対して「設定」と言っていた事に対して疑問が解けてややすっきりする所がありました。

また、タイトルに「ユアストーリー」とあるだけありドラクエのゲームの世界だけでなくドラクエゲームとして体験した現実の私たちにゲームの面白さを伝えているような気がします。

現に、作品に対して下記のようにコメントされており、現実のゲーム世代の人へのメッセージも込めて作ったように感じます。

「『人生というのは、素晴らしさとつらさを背負っていくことなんだよ、でもすてきじゃないか』ということをやってみたかったんです――」

参照:MANTANWEB ドラゴンクエスト ユア・ストーリー:山崎貴総監督が明かす“大人気ゲーム3DCGアニメ化に込めた思い 豪華キャスト起用のワケは

ドラゴンクエストユア・ストーリーまとめ

RPGゲーム「ドラゴンクエストⅤ」を数々の3DCGアニメーション映画を手掛ける山崎貴、八木竜一、花房真等がタッグを組み繊細なデザインでゲームの世界を具現化し、それを主人公目線で観る事ができます。

また賛否両論あるかと思いますが、山崎オリジナルなエンディングはオリジナルのゲームのストーリーと違い、ゲームをする現実の人にむけたメッセージを込めた一捻りされたものとなっており、監督の思いは感じる展開です。

ドラクエを知らない人はゲームがやりたくなり、知ってる人は話の展開に突っ込みたくなるような映画です。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。