アニメ

ぼくらの7日間戦争(映画)のあらすじ声優やネタバレ聖地は?主題歌予告映像も

ぼくらの七日間戦争が原作から35年経過
した令和に帰ってきます。

あらすじや声優、聖地など映画の気になる
ことをまとめました。

主題歌や予告映像も紹介します。

今作は、実写ではなく初めてのアニメです。

青春をかけた7日間の戦いを、
またスクリーンで観ませんか。

「ぼくらの7日間戦争」の概要・世界観

ぼくらシリーズは、どれも、大人への挑戦が
テーマになっています。

初めて映画化された宮沢りえさんが
主演の作品は、社会現象になるほど、
人々に衝撃を与えました。

「ぼくたちの七日間戦争」は、今でも
学校図書に選ばれるほど、子供たちにも
考える機会を与える小説です。

2019年の「ぼくたちの7日間戦争」は、
引っ越しが迫る少女を、連れて動き出して
しまう少年と、大人たちの戦いが始まります。

35年前とは、時代も生活も変わっています。
現代アレンジをどのようにしているのか、
注目の作品です。

公開は、2019年12月です!

「ぼくらの7日間戦争」のあらすじ・一部ネタバレ

大人の都合で引っ越しを迫られる少女、綾。

彼女に思いを寄せる少年、守。

勇気を振り絞り、守は最初の一歩を踏み出す。
「逃げよう」

2019年冬、“ぼくら”の青春をかけた7日間の戦争が始まる。

引用:ぼくらの7日間戦争

映画公開に合わせて、8月16日発売の
「月刊コミックジーン9月号」から、
コミカライズの連載が開始されています。

そちらを読んで、映画の準備をするのも
いいですね!

「ぼくらの7日間戦争」の声優キャストと監督スタッフ

●鈴原守
高校2年生・綾の幼馴染でひそかに恋心を抱く

●千代野綾
守の友人・父が地方議員の娘で、もうすぐ東京に引っ越してしまう。

声優さんは、まだ発表になっていません
でした。予告映像にも、ナレーションだけで
声優さんの声も入っていませんね。

まだこれから音入れしていくのかもしれません。

●監督:村野佑太
ドリフェスRや異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術を担当しているアニメ監督です。

●原作:宗田理

●脚本:大河内一楼

●キャラクター原案:けーしん

●制作:亜細亜堂

「ぼくらの7日間戦争」の予告映像・主題歌

せめて誕生日までは、一緒にいたい。

別れの時とは、少年との別れでしょうか、
それとも少女のお母さんが関係しているの?

気になる予告映像です。

予告映像に流れている曲も、
まだ発表になっていませんが、
BUMP OF CHICKENと予想され
ている方は多いですね。

公開になるまで、答え合わせできないので
気になります。

「ぼくらの7日間戦争」の聖地や舞台の場所は?

著者の宗田理さんによれば、宮城県仙台市
青葉区が小説の舞台
になっているようです。

アニメ「ぼくらの7日間戦争」は、35年
経過した、今の時代を舞台にしています。

今回の映画にも聖地になりそうな場所が
劇中のシーンには出てくるかもしれませんね。

「ぼくらの7日間戦争」のネット期待値や感想

まとめ

この絵を描いているのは、
笹木あおこさんです。

「ぼくらの7日間戦争」の主人公が
高校2年生なので、青春真っ只中の世代です。

彼らに、直接的なメッセージのある
ストーリ―になっているようです。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。