アクション/アドベンチャー

ライオンキング(2019実写化映画)の吹き替え声優キャストや予告映像と主題歌も

ディズニーアニメで有名な「ライオンキング」
が超実写版で映画になります。

「ライオンキング」実写版のキャストや
予告映像、主題歌など気になる情報を
まとめました。

超実写版と言われる理由についても
触れています。

ストーリーも、おさらいしてみてください。

「ライオンキング」の概要・世界観

ライオンキングは、1994年にディズニー
のアニメーション映画として発表された
のが、始まりです。

サウンドトラックの売り上げは、
アニメ部門の世界一位を記録していて、
1,500万枚販売されています。

スピンオフや、アニメ・ミュージカルなど、
ライオンキングのストーリーは、
様々な表現方法で公開されていて、
どれも人気の作品になっているのが
「ライオンキング」のすごいところです。

ライオンキング」は、王家に生まれた
シンバが、様々な苦難を乗り越え、動物達の
王国プライドランドの真の王になっていく
感動のストーリーです。

ライオンキング2019年実写版では、
超がつくCG技術が駆使されているだけ
でなく、映画で流れる歌や音楽にも
拘りが詰まっています。

超実写化された「ライオンキング」の
日本公開は、8月9日(金)です。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「ライオンキング」のあらすじ・一部ネタバレ

命あふれるサバンナの王国プライドランド。

その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。
だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。

新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。

王となる自らの運命に立ち向かうために―。

引用:ライオンキング2019実写版

シンバの叔父スカーは、ハイエナ達に
シンバ親子を襲わせ、ムファイが亡くなって
しまいます。

シンバは、その濡れ衣を着せられ、王国を
追放されることになってしまったのです。

しかし、シンバは、たくさんの仲間と出会い
成長し、自分と父を襲い王国を奪ったスカー
に挑みます。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「ライオンキング」の出演者キャストと監督スタッフ

≪オリジナルキャスト≫

●シンバ:ドナルド・グローヴァー
主人公・ムファサを父に持つ子ライオン

●ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ
シンバの父ライオン・サバンナの王に君臨している

●スカー:キウェテル・イジョフォー
ムファサの弟・王座を狙う闇に暮らすライオン

●プンバァ:セス・ローゲン
自由に暮らすことを生きがいにしているイボイノシシ

●ティモン:ビリー・アイクナー
ツンデレなのに、世話好きのミーアキャット

●ナラ:ビヨンセ・ノウルズ=カーター
シンバの幼馴染・シンバと共に王国の為に奔走するメスライオン

●シェンジ:フローレンス・カスンバ
ハイエナ達のリーダー的存在

●カマリ:キーガン=マイケル・キー
シェンジの仲間

●ラフィキ:ジョン・カニ
王国の呪術師・ヒヒ(オナガザル科)

●サラビ:アルフレ・ウッダード
シンバの母・夫ムファサの死後、弱ってしまう

●ザズー:ジョン・オリバー
ムファサの使える執事・アカハシコサイチョウ

●アジジ:エリック・アンドレ

≪吹き替え版声優≫

●シンバ:賀来賢人

●ムファサ:大和田伸也

●スカー:江口洋介

●プンバァ:佐藤二朗

●ティモン:亜生(ミキ)

●ナラ:門山葉子

●シェンジ:沢城みゆき

●カマリ:加瀬康之

●ラフィキ:駒谷昌男

●サラビ:駒塚由依

●アジジ:白熊寛嗣

●ザズー:根本泰彦

≪監督・スタッフ≫

●監督:ジョン・ファヴロー
「アイアンマン」シリーズの監督を務めたことで、有名になりました。ディズニー作品では、実写版「ジャングルブック」でも監督を務めています。

●製作:ジェフリー・シルバー

●脚本:ジェフ・ナサンソン

●音楽:ハンス・ジマー

●撮影:ケイレブ・デシャネル


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「ライオンキング」の予告映像・主題歌

シンバよ。
太陽の照らすところ全てが我らの王国だ

勇気と無謀は違うんだ。」

忘れるな自分が何者か、お前の役目を
果たせ

気になるセリフが超実写版でも出て
きますね。父親が子供に伝えたいこと
が詰め込まれています。

子供から尊敬される父の姿も、
それを邪魔する叔父も、
人間社会をみているようです。

ハクナマタタも、もちろん歌います!


この曲は「愛を感じて」です。
サントラでもおなじみの曲ですが、
歌手が違うと聞こえ方も変わってきますね。

歌っているのは、シンバ役の
ドナルド・グローヴァーと
ナラ役のビヨンセです。

劇中やエンディングには、これまでに使用
されたことのない新曲も流れます。

現在発表されているのは、エルトン・ジョン
とティム・ライスにより製作された曲
「ネヴァー・トゥー・レイト」
「スピリット」です。

他にも、ハンス・ジマーとレボ・Mの
製作した曲も流れます。

すでに、サウンドトラックの発売も
8月7日(水)に決定しています。

「英語版」「日本語版」「デラックス版」の
3種類です。


吹き替え版では、コーラスも日本人が
担当しています。

彼らは、コーラスグループの
ベイビー・ブーです。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「ライオンキング」のロケ地や舞台の場所は?

舞台は、大自然の広がるサバンナでしょうか。

映画の中では「プライドランド」という名の
動物たちのみが生存する大地と表現されて
います。

サバンナの様子をテレビなどの
ドキュメンタリーで放送されているのを、
見たことがありますよね。

もしかすると、あの動物たちにも
プライドランドのような王国が
あるのかもしれませんよね。

人間には、わからない動物たちだけの
世界が舞台です。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「ライオンキング」のネット期待値や感想


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

まとめ

アニメーション映画と予告映像を見比べて
みると迫力が違いますね。
リアルな動物社会をみているようです。

私たち人間の知らない動物の世界では、
ライオンキング」のような世界が
あるのかもしれません。

子ライオンシンバの成長と奮闘ぶりを、
超実写版で観賞できるのは、今作です。

夏休み期間に公開されるので、予約しないと
劇場に入れないかもしれませんね。

映画公開と合わせて、劇団四季の
ミュージカルでも「ライオンキング」を
行なっています。

12年ぶりの公演なので、観劇されてみては、
いかがでしょうか。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。