ヒューマンドラマ

蜜蜂と遠雷(映画)のあらすじキャストやネタバレロケ地は?主題歌予告映像も

名作と話題の小説「蜜蜂と遠雷」が
映画化されるという情報があります。

本作の原作小説は恩田陸史さんによる
同名小説で、史上初である
直木賞と本屋大賞をWで
受賞し話題となった作品。

映画「蜜蜂と遠雷」のあらすじや
キャスト、主題歌などについて
いくつかまとめていきたいと思います!

「蜜蜂と遠雷」の概要・世界観

2019年10月4日公開の映画
「蜜蜂と遠雷」
は、
恩田陸さんが何年もの年月を
かけて生み出した屈指の傑作
として話題を呼んだ小説が原作。

この原作小説はなんと
史上初である直木賞、本屋大賞を
Wで受賞するという快挙を
成し遂げた作品です。

実力派女優松岡茉優さん
主演の亜夜を演じます。

小説ファン、音楽ファンなど
あらゆるファンの方々から
注目されている「蜜蜂と遠雷」の
あらすじを次の段落で
まとめていきたいと思います!


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「蜜蜂と遠雷」のあらすじ・一部ネタバレ

「蜜蜂と遠雷」あらすじ
以下の通りとなります。

芳ヶ江国際ピアノコンクールに集まったピアニストたち。

復活をかける元神童・亜夜。

不屈の努力家・明石。

信念の貴公子・マサル。

そして、今は亡き“ピアノの神”が遺した異端児・風間塵。

一人の異質な天才の登場により、
三人の天才たちの運命が回り始める。

それぞれの想いをかけ、天才たちの戦いの幕が切って落とされる。

はたして、音楽の神様に愛されるのは、誰か?

引用:蜜蜂と遠雷あらすじ

天才ピアニストが挑む
コンクールをテーマ
とした
物語だそうです。

3年に1回開催される
浜松国際ピアノコンクールの
2006年第6回から2015年第9回まで
途中からは執筆を並行しながら
4度の取材を重ねて原作小説が
出来上がった
のだとか。

超大作の映画化ともあり
大変注目されている様子でした。

続いてキャストやスタッフについても
まとめていきたいと思います!


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「蜜蜂と遠雷」の出演者キャストと監督スタッフ

「蜜蜂と遠雷」スタッフと
キャストは以下の通りとなります。

<スタッフ>

●原作:恩田陸
●監督:石川慶
●脚本:石川慶
●編集:石川慶

監督、脚本、編集を
すべて担当するのは
映画「愚行録」などの
制作に携わってこられた
石川慶さんです。

また、世界で活躍されている
ピアニストの方々も作品を
盛り上げる一員として
活躍されています。

<キャスト>

●栄伝亜夜:松岡茉優
将来を嘱望されていた
天才少女だったが、
母親の死をきっかけに
表舞台から消えていた。
今回のコンクールに再起をかける

●高島明石:松坂桃李
楽器店勤務のサラリーマンで
妻と娘がいる。
年齢制限ギリギリのため、
これが最後と覚悟を決め
コンクールに出場した。

●マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:森崎ウィン
今回のコンクールの大本命。
そのルックスと育ちの良さから
「ジュリアード王子」と呼ばれる。
昔、日本に住んでいたことがあり、
亜夜と一緒にピアノを学んでいた

●風間塵:鈴鹿央士
養蜂家の息子で、
正規の音楽教育を受けておらず、
自宅にピアノすらない少年。
今は亡き著名なピアニスト・ホフマンに
見いだされ、コンクールに送り込まれた。

●高島満智子:臼田あさ美

●仁科雅美 : ブルゾンちえみ

●ジェニファ・チャン:福島リラ

●ピアノ調律師:眞島秀和

●クロークの女性:片桐はいり

●菱沼忠明:光石研

●田久保寛:平田満

●ナサニエル・シルヴァーバーグ:アンジェイ・ヒラ

●嵯峨三枝子:斉藤由貴

●小野寺昌幸:鹿賀丈史

引用:蜜蜂と遠雷キャスト

主演の栄伝亜夜を演じるのは
映画「万引き家族」など様々な
作品で実力を発揮してきた女優
松岡茉優さんです。

また、サラリーマンとして働きながら
ラストチャンスの覚悟を持って
エントリーした高島明石を
ドラマ「パーフェクトワールド」など
に出演されてきた実力派俳優
松坂桃李さんが演じます。

またコンクール優勝の大本命
マサル・カルロス・レヴィ・アナトールを
森崎ウィンさんが演じ、
そしてピアノの英才教育を
受けずに育ったという風間塵を
注目の大型新人鈴鹿央士さん
大抜擢されました。

鈴鹿央士さんにとって
「蜜蜂と遠雷」がデビュー作です。

ほかにも豪華なキャストが
ストーリーを盛り上げていきます!

それでは続いて予告映像や
主題歌をまとめていきます。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「蜜蜂と遠雷」の予告映像・主題歌

こちらが「蜜蜂と遠雷」の
予告映像になります。

予告映像からもコンクールの
臨場感や呼吸の緊張感まで
閉じ込められた作品
であることが
伝わってくるようです。

また、主題歌についても
調べたところこちらについては
2019年7月中旬現在
情報解禁されていません。

続いてロケ地についても
まとめていきたいと思います。


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「蜜蜂と遠雷」のロケ地や舞台の場所は?

「蜜蜂と遠雷」の撮影は
2018年の10月下旬から
12月中旬にかけての期間、
関東近郊にて行われた
そうです。

埼玉県入間市などで
撮影されていたようですね。

ピアノのコンクールが題材と
なっているので、
恐らく音楽ホールでの
撮影もいくつかあるのでは
ないかと予想しています。

それでは最後に、
「蜜蜂と遠雷」の公開を
心待ちにされている方々の
声をまとめていきましょう!


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

「蜜蜂と遠雷」のネット期待値や感想

https://twitter.com/bousai_bloom/status/1151482714089873410?s=21


 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>

まとめ

今回は映画「蜜蜂と遠雷」について
情報をまとめていきました!

恩田陸さんによる同名小説を
原作に、豪華キャストを集結して
映画化される作品。

長い年月と魂が込められた
原作小説の評価も非常に
高いようでしたので、
映画はもちろんのこと本も
読んでみたい
と思いました。

映画「蜜蜂と遠雷」は
2019年10月4日より公開です!

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。