SF/ファンタジー

海獣の子供(映画)のあらすじキャストやネタバレとロケ地は?予告映像や主題歌とは?

漫画で人気の「海獣の子供」が、
映画になりました。

あらすじやキャスト、ネタバレなど。
予告映像や主題歌についてもまとめました。

主人公の琉花は、芦田愛菜さんが担当しています。

「海獣の子供」の概要・世界観

中学生の琉花が、東京で海の生物と通じ
あえる不思議な少年”海”と出会い、
その後、双子の兄”空”とも出会う

ことになります。

次々と起こる海での不思議な現象に琉花は、
どうなっていくのでしょうか。

そして、衝撃的な結末を迎える漫画と
同じ最後を迎えるのでしょうか。

海獣の子供」は、月刊IKKIに
2006~2011年まで連載されていた漫画です。
著者は、五十嵐大介さんです。

漫画での繊細で独特な絵のタッチが特徴です
単行本の刊行もされていますし、
イラストブックも発売されています。

その他の作品は「魔女」
「ディザインズ」などがあります。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「海獣の子供」のあらすじ・一部ネタバレ

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。

母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。

そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。

三人の出会いをきかっけに、地球上では様々な現象が起こり始める。
夜空から光り輝く彗星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。

そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。

“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。
そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。

“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れた 生命 いのちの物語。

引用:海獣の子供 STORY

一部ネタバレ

海の神秘、海から誕生したと
像される人間。そして人魂

人魂として飛んできたのは、隕石。
その隕石を持った琉花がした行動。
それを、回避する海。

「海獣の子供」は、2019年6月7日(金)全国公開です。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「海獣の子供」の出演者キャストと監督スタッフ

●安海琉花:芦田愛菜
主人公。中学生の琉花は、夏休みに海と空に出会い、不思議な体験をしていく。

●海:石橋陽彩
海の生物と交流できる。3歳頃までジュゴンに育てられていた。

●空:浦上周
学者に自分の身体を調べるように依頼している。陸に長い時間いるのが苦手。

●アングラード:森崎ウィン
海の学者。空のことを研究している。

●安海正明:稲垣吾郎
琉花の父親。水族館で勤務していて、海の面倒を見るよう琉花に託す。

●安海加奈子:蒼井優
琉花の母親。父親とは別居しており、海女家系をきらい親とは離縁している。

●先生:渡辺徹
ハンドボール部の顧問。チームメイトとうまくやれない琉花に手を焼いている。

●ジム・キューザック:田中泯
水族館勤務の学者。海と空に関係していることを調べ、世界の元の謎を研究している。

●デデ:富司純子
占い師。ジムと仲良し。琉花がいなくなったときに、琉花の母親加奈子と共に探しに出る。

芦田愛菜さんや稲垣吾郎さんなど、
有名な方が声を担当されています。

五十嵐さんの描く作品に声があっていますね。
琉花の中学生らしい元気な時と悲しい時
のトーンの違いが、とても自然です。

●監督:渡辺歩
東京出身のアニメ監督。劇場映画としては、1998年の「帰ってきたドラえもん 」がデビュー作となっている。宇宙兄弟でも監督を担当している。

●原作:五十嵐大介

●音楽:久石譲

●CGI監督:秋本賢一郎

●プロデューサー:田中栄子

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「海獣の子供」の予告映像・主題歌

「祭りの本番が始まる」
ジュゴンに育てられた子供と触れ合う様子や、
海の怖さ命の尊さを描いている。
そして、音楽にも引き寄せられる
この感覚は何でしょうか。

不思議な空間に引き込まれる映画みたいです。

主題歌を担当するのは、米津玄師さん
海の幽霊」は、海獣の子供のために、
書き下ろされた曲です。

米津さんの声が、映画のシーンと合っていて、
音楽とともに、引き込まれます。

今回もいい曲ですね。
今大人気の米津玄師さんですが、
七変化の曲が出てきます

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「海獣の子供」のロケ地や舞台の場所は?

舞台となった海や水族館がどこなのか、
まだ判明していないようです。

船乗り場や、防波堤、自然の島など、
きれいな海。沖縄あたりでしょうか。

ジンベイザメの大群も、気になります。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「海獣の子供」のネット期待値や感想

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

まとめ

米津玄師さんが歌うことでも注目を
集めていますね。
「海獣の子供」は、人間社会の知らないところで、
自然に起こっているかもしれない世界を
描いています。

本当に、こんなことが
おこっているのでしょうか。

目で見ていない世界で何が起こっているのか、
誰もわかりません。

漫画の世界ですが、現実世界にありそうで
なさそうな不思議なストーリーですね。

興味深い映画が公開になります。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。