コメディ

コンフィデンスマンJP(映画)のあらすじキャストやネタバレとロケ地は?予告映像や主題歌とは?

2018年フジテレビ系列で放送されていた
ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、
映画になって再登場です!

主演は、ドラマと一緒の長澤まさみさんです。

今回は「コンフィデンスマンJP」の
概要やあらすじ、ロケ地と一部ネタバレ、
出演キャストや監督、予告映像や
主題歌についても、まとめてみました。

「コンフィデンスマンJP」の概要・世界観

欲望に侵された亡者からを騙し、
大金を手に入れ、弱い人間に寄付していく、
現代版ネズミ小僧のようなストーリー展開が
面白い「コンフィデンスマンJP」

長澤まさみさん演じる詐欺師が、
七変化していく様は、色々な顔がみれるので、
カメレオン女優の凄さを実感します。

「コンフィデンスマンJP」のJPは、
日本のことです。

これは、韓国(KR)中国(CN)版もある
ので、わかりやすくJPとつけられています。

映画化は、2018年のドラマ放送時に
公表されていましたが、
やっと映画公開になります。
映画「コンフィデンスマンJP」の
舞台は、香港のようです。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「コンフィデンスマンJP」のあらすじ・一部ネタバレ

華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。

次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。
彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。

ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。

そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。

騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?

引用:コンフィデンスマンJP STORY

日本を飛び出して、香港が舞台に
なっています。

ラン・リウとは、どんな人物なの
でしょうか。そして、最後に笑うのは、
コンフィデンスマンたちなのでしょうか?!

あらすじだけを読むと、色々な
展開を妄想してしまいます。

一部ネタバレ

全ては、ダー子の策略です。
実は、今回のオサカナちゃん…。
ラン・リウでは、ないかもしれない。

これまでのドラマを見ていた方なら、
なんとなく想像がつくのではないで
しょうか。

さすが、ドラマから生まれた映画です。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「コンフィデンスマンJP」の出演者キャストと監督スタッフ

●ダー子:長澤まさみ
主役。天才信用詐欺師

●ボクちゃん:東出昌大
ダー子の恋人?お人好し信用詐欺師

●五十嵐:小手伸也
ダー子を可愛がる腕利き信用詐欺師

●リチャード:小日向文世
百戦錬磨のベテラン信用詐欺師

●モナコ:織田梨沙
ダー子に憧れる信用詐欺師

●ちょび髭:瀧川英次
信用詐欺師たちのサポート役

●バトラー:Michael Keida
ホテルの執事。信用詐欺師たちのサポート役

●ラン・リウ:竹内結子
今回のオサカナちゃん。香港マフィアの女帝「氷姫」

●ジェシー:三浦春馬
天才恋愛詐欺師。ダー子と過去に関係があった

●赤星栄介:江口洋介
日本のゴッドファーザー。ダー子を狙っている。

●矢島理花:佐津川愛美
スリ師

●鈴木さん:前田敦子
ダー子の手下

●与論祐弥(キンタ):岡田義徳
2人組の詐欺師。ギンコの相棒

●与論弥栄(ギンコ):桜井ユキ
2人組の詐欺師。キンタの相棒

●桂公彦:小池徹平
IT会社社長

●鉢巻秀男:佐藤隆太
ダー子達のオサカナちゃんになったことのある人物。別名:孫秀男

●桜田しず子:吉瀬美智子
大手ホテルチェーン社長

●城ヶ崎善三:石黒賢
美術評論家

●生瀬勝久

●山口紗弥加

ドラマにも出演していたキャストが
たくさんいます。

香港を舞台にした映画版
コンフィデンスマンJP」でも、
やらかしてくれるんでしょうね。

見た後にスッキリするコメディですよね!
映画にも期待してしまいます。

●監督:田中亮
「コンフィデンスマンJP」が、初映画監督作品です。
これまでに手掛けたドラマは、「リッチマン,プアウーマン」「コードブルー 3rd」「コンフィデンスマンJP」など、大ヒットしている作品が多いのが特徴です。

●脚本:古沢良太

●音楽:fox capture plan

●製作:石原隆

●撮影:板倉陽子

ドラマで、演出を担当されていた田中さんが
今回監督として参加しています。

脚本は、ドラマも担当していた、
古沢さんですね。

ドラマスタッフをメインに
映画化されているようです。

ドラマの延長線上の作品なので、
ドラマも見たくなってきます。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「コンフィデンスマンJP」の予告映像・主題歌

気になる。気になる。
登場人物と、ダー子の関係や
言葉の真意が気になる。

ダー子とジェシーが復縁するのかや、
予告映像の最後の方にでてくる
ボクちゃんの告白も気になります。

「目に見えるものが、真実とは限らない」
人間、頭の中で何を考えているかなんて
わかりませんよね。

主題歌は、ドラマに引き続き、
Official髭男dismが担当します。
映画用に書き下ろされた新曲
Pretender」が流れています。

Official髭男dismは、ドラマ主題歌の
「ノーダウト」でメジャービューした
バンドで、海外でも人気です。

映画主題歌「Pretender」は、
2019年5月15日にリリースされます。

映画のオリジナルサウンドトラック
発売されるようです。
全28曲を収録予定とういうことで、
ボリュームも最高ですね。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「コンフィデンスマンJP」のロケ地や舞台の場所は?

■香港空港付近

■埼玉県の住宅地

■静岡県

2018年の夏ごろに撮影されていました。
エキストラ募集をしていた場所で、
神奈川県川崎市や、静岡県浜松市
東京都内などでも撮影していたことが
わかりました。

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

「コンフィデンスマンJP」のネット期待値や感想

 

 
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”

data-ad-slot=”5659739493″>


 

 

まとめ

ドラマで見ていた方は、映画を楽しみに
されている率が高いですね。

長澤まさみさんの衣装がセクシーという
情報や、香港仕立ての撮影を日本でして
いたなど、情報がたくさんありましたね。

コンフィデンスマンJP」のドラマからの
キャストが多いので、映画を見た後に
ドラマを見返す人も多くいそうです。

長澤まさみさんの七変化が今回も
見れそうですね。

演技もその都度、気持ちが違うの
でしょうか。
まるで違う女優さんを見ている気分になります。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。