アクション/アドベンチャー

ザ・ファブル(映画)のあらすじキャストやネタバレとロケ地は?予告映像や主題歌とは?

殺し屋役はなんと岡田准一!
絶対に殺してはいけないミッション
をボスから言い渡されたファブル
の奮闘を描いた作品
ザ・ファブル」。

今回は「ザ・ファブル」の
原作漫画やネタバレやロケ地、
出演キャストや監督もまとめています。

予告映像や主題歌についても
ご紹介します。

「ザ・ファブル」の概要・世界観

ザ・ファブル」はヤンマガで連載中の
漫画で、単行本も17巻まで刊行されて
います。

著者は、大阪出身の南勝久さんで、
2017年に講談社漫画賞一般部門を
受賞されている方です。

殺し屋集団の総称として「ファブル」
使われています。

ファブルは、裏社会で恐れられる存在で、
ボスの命令を絶対としています。

殺し屋が実在するのか不明ですが、
裏社会からの依頼で人を殺す天才が、
一般人に紛れる様が面白おかしく
描かれています。






「ザ・ファブル」のあらすじ・一部ネタバレ

どんな相手も6秒以内に殺す。

ファブルと呼ばれる謎の殺し屋は、裏社会でだれもが「伝説」と恐れる存在だった。
仕事をし過ぎた彼に、ボスが与えたミッション。

それは、1年間、誰も殺すな。

一般人に溶け込み普通に暮らせ。
休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す。

ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと共に、生まれて初めて一般人としての生活を始める。

殺しを封じ、バイトをしたり、インコを飼ったり、≪普通≫を満喫しはじめた矢先、裏社会の人間たちが引き起こすトラブルに次々と巻き込まれる。

ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性・ミサキが人質にとられ、事態は思わぬ方向へ急発進する!

「ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通だ」
ファブルは、ヨウコの協力のもと、「誰も殺さず人質救出」という前代未聞の無謀なミッションに挑む!

引用:ザ・ファブル STORY

ザ・ファブル」の公式ページにある
ストーリーそのものがネタバレになっています。

予告映像もご覧になれば、だいたいの
ストーリーは見えてきますが、どう演じ
られているのかが、気になる映画ですね。

劇場公開は、6月21日 金曜日 です!






「ザ・ファブル」の出演者キャストと監督スタッフ

●佐藤明アキラ/ファブル:岡田准一
主人公。幼少期から殺し屋としての指導を受け、一流の殺し屋となった。
「ニオイ」に敏感で、危険を察知する能力に長けている。

●ヨウコ:木村文乃
アキラのパートナー。アキラのサポート役を務めていたが、アキラが休業する期間は、アキラの妹として一緒にいるよう命じられている。

●ミサキ:山本美月
アキラに働き口を紹介する女性。裏社会の揉め事に巻き込まれ誘拐されてしまう。

●フード:福士蒼汰
フリーの何でも屋。もちろん殺しもする。

●小島:柳楽優弥
真っ黒カンパニー社員。ミサキをデリヘルのナンバーワンにしようと企み誘拐する

●砂川:向井理
真っ黒カンパニー専務。実力者で野心に溢れている。

●コード:木村了
フリーの何でも屋。フードのパートナー

●クロ:井之脇海
アキラに憧れる組員

●河合ユウキ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
ナンパ大好きなチャラ男。ヨウコを落とそうとするも敗れる

●ジャッカル富岡:宮川大輔
アキラが大ファンのお笑い芸人

●田高田社長:佐藤二朗
デザイン会社オクトパスの社長。面倒見の良い性格でアキラを気に入っている。

●浜田:光石研
ファブルの詳細を知っている。アキラとは、遠い親戚という設定になっている。

●海老原:安田顕
真っ黒カンパニー社長。法律が届かないところを自分が守るという思いを強く持っている。

●ボス:佐藤浩市
アキラとヨウコを殺し屋として育てた人物。

●幼少期のファブル:南出凌嘉
ボスに指導されている頃のアキラ

●貝沼エツジ:好井まさお
ミサキの思いを寄せるあまり、不法侵入や盗撮を行なう陰キャ。

●バーのマスター:六角精児
バッファローのマスター。登場人物の中で唯一の常識人。人にあだ名をつけるのが趣味。

岡田准一さんにとって「ザ・ファブル」が、
初めての実写映画への出演なのだそうです。

自らもアクション指導を行うなど、
アクションにも相当力を注いでいそうです。

六角精児さんがバーのマスター役で
出演されるんですね。
無言のリアクション芸が楽しみです。

●監督:江口カン
福岡県出身の51歳。カンヌ国際広告祭で3年連続受賞をした経歴をもつ映像ディレクター。映画監督としては、3作目となる。

●原作:南勝久「ザ・ファブル」

●脚本:渡辺雄介

●音楽:グランドファンク

●ファイトコレオグラファー:アラン・フィグラルツ

世界的アクション監督のアラン氏が
アクションを指導しています。

岡田准一が「ザ・ファブル」で
行うアクションシーンが気になります。






「ザ・ファブル」の予告映像・主題歌

佐藤浩市の目力がすごい!
コメディなのかアクションなのか、
どちらなんでしょう…。

岡田准一さんのアクションは、
定評がありますよね。今回も楽しみです。

佐藤二郎さんのとぼけた演技もコメディに
拍車をかけています。

個性の強い役者さんばかりです。

主題歌は、レディー・ガガのヒット作
「ボーン・ディス・ウェイ」

誰もが、どこかで聞いたことのある曲
ですね。

「ザ・ファブル」のロケ地や舞台の場所は?

■ダイニングバーKITSUNE

バッファローはここで撮影されています。

■栃木県鹿沼市の賀蘇山神社

■さしま環境センターごみ処理場跡地

予告映像で写っていたアクションシーンは
ここで撮影されたようです。

大阪にいる設定になっているはずですが、
大阪での目撃情報はありませんでした。
東京近郊で撮影されていたようです。






「ザ・ファブル」のネット期待値や感想

映画公開を待ち遠しく思っている方が
たくさんいらっしゃるようですね。

原作漫画とは、多少イメージが違う
役者さんもいるようですが、
原作の世界観は大事にして
実写化されているようなので期待できます。

まとめ

福士蒼汰さんは、岡田准一さんのアクション
に憧れているという情報も入ってきました。
二人の共演を楽しみにしているファンも
多いようです。

原作では、裏社会をそのまま
描いていますが、さすがに映画では、
裏社会を「真っ黒カンパニー」と
しているんですね。

岡田准一さんに飼われているインコは、
本物に似た作り物かと思うほど
じっとしています。

ミサキをたすけ、1年経過したら
最終的に、アキラは殺し屋に戻る
のでしょうか。

それとも、一般人として生きていく
ことになるのか。
ボスが何を司令してくるのか最後まで
気になってしまいますね。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。