サスペンス/ミステリー

ハロウィン(映画)のあらすじや予告映像とキャストや吹き替え声優は?主題歌とロケ地も

新作映画「ハロウィン」について、
あらすじや前作との関係。

出演キャストや、予告映像などの
楽曲についても調べました。

第1作は、1978年に公開されています。
ハロウィンが現在に、どのような映画に
なって帰ってきているのか気になります。

「ハロウィン」のあらすじ・概要・公開日

恐怖は、気配を消して近づいてくる。

1978年、ハロウィンの夜。殺人鬼マイケル・マイヤーズが精神病棟から脱走し、街の人々を殺害する事件が発生。

彼の目的は、ひとりの女子高生ローリー・ストロードの命だった。
すんでのところでマイケルは射殺されローリーは事件で唯一の生存者となった。
この事件を知る人々は畏怖の念を込めて彼を”ブギー・マン”と名付けた。

40年の時を経た2018年、ハロウィンの夜。
精神病棟を移送中に事故が発生し、マイケルは再び行方をくらます。
街で起きる恐るべき殺人事件。

引用:HALLOWEEN

ハロウィンシリーズとして11作目の
2018年製作のハロウィンは、
第1作目の40年後を描く、
直接の続編として製作されました。

ブギーマンことマイケルが狙うのは、
1作目で登場しているローリーや
その家族、住んでいた家など、
最初に起こした事件に関係のある人物です。

シリーズを重ねるたびに、覚醒を
繰り返したり、幼いころのマイケルが
虐待を受けていた可能性が出てきたり
と、
さまざまな展開がみられます。

今作は、移送中に脱走した
マイケルから、ローリーが家族を
守るストーリーになっています。

日本での公開は、2019年4月12日です。






「ハロウィン」の出演者キャストと監督スタッフ

≪出演キャスト≫

●ローリー・ストロード:ジェイミー・リー・カーティス
第1作目からのヒロイン

●カレン:ジュディ・グリア
ローリーの娘

●アリソン:アンディ・マティチャック
ローリーの孫

●フランク・ホーキンス:ウィル・パットン
警察官

●ヴィッキー:ヴァージニア・ガードナー
ベビーシッター

●マイケル・マイヤーズ:ニック・キャッスル
ブギー・マン。殺人鬼。

●サルティン:ハルク・ビルギナー
精神科医

●アーロン:ジェファーソン・ホール
TVジャーナリスト

●デーナ:リアン・リース
TVジャーナリスト

●トビー・ハス

●マイルズ・ロビンス

●P・J・ソールズ

第1作と同じ女優さんが、ヒロイン
演じられているのに驚きますが、
娘や孫まで誕生しているとは、
40年の流れを感じますね。

≪監督・スタッフ≫

●監督:デビッド・ゴードン・グリーン
「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」「グランド・ジョー」

●製作:マレク・アッカド
ハロウィンシリーズで製作担当

●製作総指揮:ジョン・カーペンター
第1作から音楽を担当

●音楽:ジョン・カーペンター、コディ・カーペンター

監督やスタッフをみていきます。
驚くことに、製作スタッフにも、
第1作目に関わった人物がいます。

音楽スタッフについて予告映像で
触れていきます。

「ハロウィン」の予告映像・主題歌

どこからでも現れるブギー・マン
精神病棟に隔離されていたはずの
彼が街に出てきたことで、
恐怖の毎日が始まります。

どこで、遭遇するかわからない恐怖
は、日常でも同じですよね。

今日、あなたの寝室に彼が現れる
覚悟はできていますか?

そんなこと、考えていたら眠れませんね。
ゆっくり映画の世界を楽しむことにしましょ!

映画の中でなんども流れる
怖さを増大させる音楽は、昔の
映画で使われていた音を現代アレンジ
されているようです。

ただ怖い音楽を作ったと語る
J・カーペンターですが、本当に
恐いんですよ。このサウンドトラック!

恐怖の天才ですよね。
この音楽を聴くたびに恐怖が
よみがえってきますね…。

音楽担当のジョン・カーペンターと
コディ・カーペンターは、実の親子です。






「ハロウィン」のロケ地の場所は?

第1作目のロケ地は、カリフォルニア州
サウナパサデナという地区でしたが、
今作は、サウスカロライナ州
中心に撮影されていたようです。

同じ外観の家や道など、ロケ地が
違っても同じようにできるのが
すごいですよね。






まとめ

映画の宣伝でブギー・マンが全国各地に
現れたようです。ハロウィンの
公式Twitterにも各地で撮影された
写真がUPされています。

映画で見るブギー・マンではなく、
コミカルなブギー・マンが
出現したようですね。

リアルに40年経って続編が出る映画も
珍しいですよね。

まだ1作目を見ていない方は、
2018年ハロウィンを見る前に見たほうが、
楽しみが増大するかもしれませんね。

ハロウィンと聞くと、あの音楽が
蘇ってきます。後を引く怖さです。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。