SF/ファンタジー

僕の彼女は魔法使い(実写映画)の宗教がやばい?気持ち悪い評価や感想と監督キャストやペンダントについて

幸福の科学の大川隆法氏が
製作総指揮と原案を手掛けた
映画「僕の彼女は魔法使い」。

「宗教」や「気持ち悪い」などの
検索キーワードが上がっていたので
それらについて調べてみました。

「僕の彼女は魔法使い」とは?

「やっとみつけた!」──高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起き始める。

そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。

それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが──

それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。

魔法使い白波風花が
転校してきた
ところから始まるストーリー。

しだいにクラスメイトの優一は、

風花に惹かれていきます。

しかし、風花は突然優一の
前から
消えてしまうのです。

そして再会するのですが、

時空を超えた戦いが始まるという

わかりやすいファンタジーな

ストーリー展開の映画です。

幸福の科学は、ご存知でしょうか。
15作目となる劇場映画です。

宗教をわかりやすく解説した

映画とでも申しましょうか、

修行シーンなど話題につきない

仕上がりの映画です。

もちろん主役は、千眼美子さんです。

「僕の彼女は魔法使い」の宗教がやばい?

地球神を表す言葉として
エル・カンターレ
を用いて
大川隆法は、自身が
エル・カンターレ
であると宣言し、
総裁として君臨する
宗教こそが、
幸福の科学です。


女優の清水富美加さんが
入信したことで
有名に
なった宗教ですね。


主役を務めている
千眼美子さんは、

改名した清水富美加さんです。


「僕の彼女は魔法使い」のペンダントとは?

風花が映画で身につけている

ペンダントについて気になり
ませんか?

設定では、
お母さんから
託された
ペンダントらしいです。

ギリシア神話に登場する
青年神
ヘルメスと古代エジプト神話に

登場するオシリスの
神の名が
刻まれています。

このペンダントも幸福の科学
と
深いかかわりがあるのですね。


映画のグッズとして、

販売されていますので、

ご興味のある方は、
お買い求め
いただけます。

「僕の彼女は魔法使い」の監督やキャスト

製作総指揮=大川隆法(幸福の科学総裁)
監督=清田英樹
白魔法使い 白波風花=千眼美子
風花のクラスメイト 竹中優一=梅崎快人
風花の母 白波愛花=佐伯日菜子
優一の幼なじみ 黒川百合子=春宮みずき
風花の祖父 老師=万破万作

「僕の彼女は魔法使い」のネットの評価感想

まとめ

「もしも私が魔法使いだったら
どうする?」
いきなりこんなこと
言われたらあなたなら
どうしますか?
さすが、ファンタジー映画です。

子供のアニメ映画にどこか似た

雰囲気のある映画になっています。

子供でも、ストーリーが
つかみ
やすい作品ですね。

挿入歌が、なんともせつない
味の
あるメロディです。


千眼美子さんのかわいらしさが

惜しみなく出ているので、

ファンには必見の映画です。

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。