ネタバレ

こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話(映画)のネタバレと感想評価は?あらすじや予告映像と出演キャストやロケ地も

2018年12月28日に公開された
大泉洋さん主演の映画
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
のあらすじやキャストをご紹介します!

さらにネタバレストーリーや
感想もご紹介!

「こんな夜更けにバナナかよ」のあらすじ・概要

鹿野靖明、34歳。札幌在住。

幼少の頃から難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのは首と手だけ。人の助けがないと生きていけないにも関わらず、病院を飛び出し、風変わりな自立生活を始める。自ら大勢のボランティアを集め、わがまま放題。ずうずうしくて、おしゃべりで、ほれっぽくて!

自由すぎる性格に振り回されながら、でも、まっすぐに力強く生きる彼のことがみんな大好きだった―。

出典:http://bananakayo.jp/

この映画には原作があります。

渡辺一史さんの

「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」

こちらも要チェックですね!

「こんな夜更けにバナナかよ」のロケ地

「こんな夜更けにバナナかよ」のロケ地は、
実際に鹿野靖明さんが暮らしていた
札幌(大泉さんの出身地と同じですね!)や
美瑛・旭川などのオール北海道
ロケで撮影が行われました。






「こんな夜更けにバナナかよ」のキャスト・スタッフ

鹿野靖明:大泉洋
安堂美咲:高畑充希
田中久:三浦春馬
高村大助:萩原聖人
前木貴子:渡辺真起子
塚田心平:宇野祥平
泉芳恵:韓英恵
鹿野清:竜雷太
鹿野光枝:綾戸智恵
田中猛:佐藤浩市
野原博子:原田美枝子

筋ジストロフィーという全身の
筋肉が徐々に衰える難病を
患っている主人公の鹿野靖明役を
演じるのは、個性派俳優の大泉洋さん。

彼を支える新人ボランティアの
安堂美咲役を演じるのは、
高畑充希さん。

同じくボランティアで北海道の
医学生、田中久役を演じるのは、
三浦春馬さんです。

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美

高畑充希さんがこんなイラストを
Instagramに投稿していました。
特徴をとらえていて、そっくりですね!


これも高畑さんのInstagramの投稿ですが、
大泉さんと高畑さんの仲良し2ショット!

しかもカメラマンは三浦さん。
とても和気あいあいとした
撮影現場だったようです。

「こんな夜更けにバナナかよ」の予告映像・主題歌

予告映像はこちらです。
主題歌はポルノグラフィティの“フラワー”。

こちらの曲はポルノグラフィティ自身が
今作のために書き下ろしたミドルバラードです。

歌詞と映画がリンクする部分が多く、
曲を聴くと物語にいろどりがさらに加わります。

なお、こちらの曲は配信限定曲みたいです。






「こんな夜更けにバナナかよ」のネタバレストーリー

筋ジストロフィーで本来入院生活が
必要な鹿野靖明は、病院を
飛び出して自立生活をしていました。

もちろん1人で生活は出来ないので、
多くのボランティアを
昼夜問わず雇っていました。

北海道大学に通い、医師を
目指している田中はボランティアの
せいで美咲とのデートになかなか
行けずにいました。

怪しんだ美咲はこっそり
ボランティア先に顔を出します。

ところが、鹿野が美咲を新しい
ボランティアだと勘違いした上に
一目惚れしてしまい、ボランティアの
輪の中に入れてしまいます。

初めは「障害者だからって何様なの?」
と鹿野と対立していた美咲ですが、
鹿野の真っ直ぐな生き方と
自由さに心開いていき、
仲良くなっていきます。

そして美咲には
後ろめたいことがありました。

田中に教育大学に通っている
ということを言っていたのですが、
実はそれは嘘だったこと。

それを話すと田中は激怒し、
喧嘩別れになってしまいます。

鹿野に相談すると
「俺はいくらでも嘘をついてきたよ。
でもそれを現実にする努力もしてきた。
美咲ちゃんも現実にすれば
問題ないんじゃないかな」とのこと。

これをきっかけに美咲は
教育大学に入学するための
猛勉強を始めます。

そんな中で鹿野は次第に
筋力が低下していきます。

ついには喉の筋肉も衰えてきて
呼吸が難しくなりました。

喉を切開して人工呼吸器を
つけることを勧められましたが、
話せなくなるのが耐えられないと拒否。

それでも強行突破して
人工呼吸器をつけました。

しかし、美咲が人工呼吸器を
つけても会話が出来るように
特訓した例を持ってきて
こっそり発音の練習を始めます。

するといつものように話すことが
出来るようになりました。

その後、鹿野の計らいで
美咲と田中はヨリを戻し、
田中は医師に、美咲は教員になり、
生活を始めていったのでした。

「こんな夜更けにバナナかよ」の感想

ペン丸
ペン丸
5段階評価:★★★★★

障害者がテーマになるので重い内容になるかと思いましたが、大泉洋さんがコメディ寄りで動いてくれていたので、サクサクと話が進んでいきました。普通障害をもってしまうとネガティブになってしまいますが、鹿野はそんなことにはめげずに自分らしく自分のしたいように自由に生きていました。

「自分の命は自分で面倒見る」と断言するところが強かったと思います。物語自体が鹿野の半生と田中と美咲の恋模様半々だったのも見やすかったポイントなのかもしれません。落ち込んでいた美咲を鹿野なりに励ましていたところ、特に「その嘘を本当にしちゃえばいいじゃん」というのはハッとさせられました。

そんな考えができるのも鹿野ならではなのかと思います。また、講演会で車椅子の子どもが「できないことが多くて辛い」と話した時に「できなかったら素直に手伝ってもらいなよ、僕らなんか出来ることが少ないんだから、手伝ってもらうのは当然なんだよ」と言いのけたところも感心しました。

その子は病院で「すみません、車椅子に乗せてください」と素直にお願いするシーンがありました。わがままな生き方には理由がある、というのもわかる気がしました。いつまで生きられるか分からないからこそ、自分の命を全うしたい気持ちからだと思います。また見たくなる作品でした。

まとめ

2018年末に公開してから、
「号泣した」「人生観変わる映画だった」など
SNSをはじめとした口コミで評判になり、
なんと大晦日には安倍晋三首相が
観たことでも話題になりました。

筋ジストロフィーという
難病を扱った映画ではありますが、
いい意味で裏切る、明るく
笑えるところも泣けるところも
たくさんある映画ですので、
ぜひ劇場に足を運んでみては
いかがでしょうか?

この映画の感想

メールアドレスが公開されることはありません。